◆新ブログに移行します◆Blog vs. Media 時評blog.dandoweb.comへどうぞ ――――――――――― ネットジャーナリズム活性化のために3/9=圧縮音楽の改善2/11=失敗国家と紙消費2/9=「ウェブ通」リンク集
by ydando
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
<   2006年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
世界規模での漁業崩壊が見えてきた [ブログ時評69]
 スシ、刺し身が消える……11月17日からクロアチアで、高級魚クロマグロなどの漁獲規制強化を議論する「大西洋まぐろ類保存国際委員会」が開かれた。刺し身・すしネタとして馴染み深いマグロが、庶民の口、食卓から遠のくとマスメディアからも注目を集めている。しかし、遥かに深刻な研究発表が米科学誌「サイエンス」に11月初めに掲載されたのだ。ネイチャー・ニュースはこの研究を"Sayonara, sushi..."の刺激的なタイトルで伝えた。「スシが食べられなくなる 2048年までに世界の海産食品資源が消滅-新研究」(農業情報研究所)がカナダ・米国・英国・スウェーデン・パナマの国際研究チームによる仕事を紹介している。

 「研究者は、生物多様性の喪失が海洋生態系にどれほど影響を与えるかを検証するために、世界各地の経験と50年以上の長期にわたる地域と世界の漁獲データを分析した。計算結果は、過去200年、沿岸の生物多様性は、汚染による水質悪化、有害藻・沿岸の洪水・殺魚の急増に伴い、急速に低下していることを示した。海産食品資源についても、1950年に利用できたものの29%が2003年時点で失われており、残ったものも2048年までにはすべて消えてしまうだろうという」。一部にはもっと早い商業漁業崩壊もありそう。

 「魚が食べられなくなる日…」(侏儒の言葉)はこう指摘する。「確かに、食卓にのぼる魚は次々と主役が変わりつつある。最盛期の漁獲量と比べると、1割にも満たない魚種が増えているのは、魚を食べつけている人ならとうの昔に気付いている。今や、モロッコの蛸どころではなく、ナミビアの赤魚、南アフリカの金目、ペルーの穴子、と世界中から魚を集めないと需要に対応できないのが実情である」「さらに入手難になると、似たような魚をどこからか見つけてくる。そんな努力があるから、我々は魚を食べ続けることができるが、こんなことが何時までも続けられる筈がないのは明らか」

 今年1月には英科学誌「ネイチャー」に、1970年代から始まった深海トロール漁が、一人前に成長するまでに数十年もかかる深海魚を絶滅の危機に追い込んでいるとの研究も出された。資源の豊富な海山あたりの深さに網を入れて根こそぎにしてしまう漁法だから、素人目にも納得できる結果だ。

 あちこちリンクをたどって行くうちに、1960年代と90年代で比べて世界の海で種の豊かさが失われたことを実感させるマップ「Declines in the number of species found on a standard longline in the 1960's and 1990s.」に行き当たった。豊かな暖色から貧しい寒色に変わる海。日本付近の太平洋はまだ良い方であり、インド洋や大西洋には悲惨な印象を持つ。

 「海の食物連鎖の王者は?」(ラジカル コミュニケーション)は食物連鎖の頂点は誰かとの考え方から、国際的な海洋資源保護の進め方が恣意的ではないか、と疑問を呈している。「水産資源は枯渇の道をまっしぐらである……実は海のKINGは鮫ではなく鯨グループの鯨や鯱なのだ……何て事でしょう!鯨グループは動物愛護団体等から手厚い保護を受けているではありませんか……彼等の旺盛な食欲を皆は知っているかい?」「将来海に生きる生物は鯨グループに限定される……鯨 鯱 イルカだ……そして彼等も居なくなる……何故かって?人間が食べるからだ」

 マグロの資源や消費については「責任あるまぐろ漁業推進機構」のページにデータがある。今回、地中海を含む大西洋ブロックで問題になっているのは、漁獲量が規制されているのに各国が守らないためばかりではない。マグロ稚魚を捕らえて巨大生け簀で太らせる「蓄養」が広まったために、そこから出荷されるマグロがどの国の分かも判然としなくなっている。尻抜け規制の結果として、大西洋・地中海のクロマグロは、種を維持する繁殖に必要とする頭数すら危うくなってしまった。

 マグロ乱獲の一番の原因は世界のマグロ漁船が多すぎることにあると思う。過剰な現状はこうして形成されたと、事情通らしい「マグロの漁獲枠が半分に…どうしてかな…」(どうせ一度の人生なのよ…)は説いている。

 「マグロの延縄漁は日本人が考えた手法で、遠洋マグロ船は元々日本にしかなかったのよね。荒波に耐える頑丈な船体とマイナス60度の冷凍庫、そして延縄」「バブル景気の頃、マグロ船の新造ブームがあって、どんどん高性能の船が建造されたのよ。で、それまで使っていた船は解体されずに台湾などに売られていったのね」「台湾に売られていったマグロ船に延縄などを売ったのは日本の商社。中古だけど頑丈な船と道具を手に入れた台湾の船主たちは自分たちでマグロを獲ろうとするけど失敗ばかり……で、どうしたかと言うと、日本から日本人漁労長を高い賃金で雇いマグロを獲ったのさ。なかなか賢いけど、日本のマグロ船業界にとっては困った問題なのよね。安いマグロがどんどん輸入されるために、日本船は漁に出る度に億の赤字が出ることもあったそうな」「さらに台湾船の他にベリーズやホンジュラスなどの船籍のマグロ船も登場。全世界にはたくさんのマグロ船が操業することになる」

 今年は、近海のマイワシが激減して、高級魚並の値段に跳ね上がった。一部のメディアは漁業近代化と称して新鋭船を導入し、世界の漁業資源獲得競争に負けないようにしようと主張している。しかし、マグロ船業界の歴史が示す通り、それは地球規模の資源枯渇にしかつながらない。巨大人口で巨大な胃袋を持つ中国、インドの経済発展が立ち上がった今、国際的、包括的な漁獲規制の枠組みに向かうしか漁業を生き残らせる道はない。もう一つ、国内的には養殖漁業の問題があり、9年前に私の連載第28回「養殖漁業に吹く世界化の風」を書いた。現状をネット上でサーベイしてみると、陸上養殖など歩みは遅々としている。
[PR]
by ydando | 2006-11-19 20:27 | 資源・環境・災害
出産事故に無過失補償制度をつくる方針
 毎日新聞の17日夕刊に「出産時事故:「無過失補償」導入へ 民間保険活用、医師が費用負担」が出ています。政府与党が2007年度に創設する方針とのこと。ただし、税金でつくるのではなく、現在35万円の出産一時金を2~3万円上げて医師全体で200億円程度の増収を図り、これを医師が保険料として支払って民間会社の保険にする構想です。事故があれば過失が無くとも1人2000万円くらいの補償が支払われることになります。産科医の急減少にようやく対策が現れた感じですが、これだけで特効薬になるとは思えません。

 ちょうど、岩波『世界』12月号には代理出産と転送事故、産科医療はどこへ [ブログ時評67] から転載しています。そこで過重な当直勤務に正当な対価が支払われていないと紹介してあるように、産科医療で始まってしまった医療崩壊を食い止めるには、一人医長の一線病院はもちろん、大学病院でも「奴隷労働」のようにすらなっている産科医の現場を改善する抜本策が必要です。
[PR]
by ydando | 2006-11-17 16:27 | 食・健康
米中間選結果と余波に若干ならぬ異議 [ブログ時評68]
 米国の中間選挙は、12年ぶりに民主党が上下両院を制して終わった。結果としてラムズフェルド国防長官の更迭に至ったように、日本人の感覚なら泥沼化が明らかなイラク情勢が断然、第一要因のはずが、出口調査の分析では政治腐敗・スキャンダルに重きを置いた有権者がさらに多かった。この事実だけ見ても何か異質さを感じた。日本の新聞各紙や放送メディアの伝える解説類は正直なところ琴線に触れてこないので、今回はインターネットの世界から、この選挙とその余波、将来予測へ異議ありとする声を集めてみた。

 最初は米国在住の意見から。「アメリカ中間選挙~遅すぎたイラク政策への不信任」(ワシントン通信 2.1~地方公務員から転身した国際公務員のblog)の意見は納得しやすいものだ。「アメリカ国民はもっと早くイラク問題の重大さに気づくべきでした。全く遅すぎますよ。2年前の大統領選挙ではイラク問題が争点になりきれず、同性同士の結婚や妊娠中絶などという問題がより重要な争点になっていましたが、あれも理解に苦しみました。ハッキリ言って、昨日の選挙結果は2年遅いのです」。「ブッシュVSケリー」はほとんど印象に残っていないことを思い起こす。そのコメント欄に「アメリカは、無辜の人を内外で多く殺しすぎました。過ぎるも何も、一人もあってはならないことです。人に憎しみを植え付けることの恐ろしさを理解できない人が国の政治を執ると、さらなる苦悩を増すだけです」(銀)とあるが、米国有権者の関心が死んだ米兵の数にあって、桁違いに多いイラク人死者に向いていないことに大きな齟齬を感じる。

 日本のブログに米国流保守思想を根付かせたいと考えている、米国人による「保守思想 Conservatism」の「なぜ、民主党が成功したのか?」は民主党の選挙戦略は三つあったが、それがメディアで報道されることがなかったと主張している。例えば「場合によっては共和党候補より保守的な候補を対抗馬に据えた。メディアの注目は元イラク軍人民主党候補に行ったが、このような候補のほとんどは負けた。勝ったのは”Social Conservative"的な民主党員だ。中絶には反対。鉄砲所持は賛成。教会などで中心人物といえる候補だ。また、保守的地域で以前”過激”と受け取られていた候補のほとんどが予備選の段階で消えた」。この結果、当選回数の多い民主党幹部は従来型のリベラル思想なのに、新人議員は保守系の地盤を持つと指摘する。筆者MikeRossTky氏は「国が保守化する以上、どんどん両党が保守化するのは当たり前だと私は思う。リベラルは大学や都市部でしか受けない」と述べる。

 私自身ですべて検証することは出来ないが、ネット上で調べられる状況とかなり符合しているようだ。ヒラリー・クリントン上院議員がリベラルから中道にポジションを移して、なお、2年後の大統領選勝利が容易に見えてこない原因はその辺りにもあるのではないか。

 国内に目を転じて批判しているのが「調子のいい連中はいつでも調子がいい=『イラク戦争』をめぐる痛みなき転向」(阿部社会学ラボ・IFSA通信)である。「日本の識者やマスコミは、いまや『イラク戦争失敗』の現実を前提としてすべての話をする。その怪しげな前提自体を不問に付したまま。◇『イラク戦争失敗=悪=それを批判する米国民は当然の行為をしている』。とんでもない。米国に言寄せ、そう思う人間の主体がすっぽりと抜け落ちているではないか」「その主体とは何か。◇戦争を仕掛けた側のブッシュらの主体は別にして、(1)イラク侵攻を圧倒的に支持した米国民とマスメディア。(2)同様に、消極的賛成ながらも支持し続けた日本国民とマスメディア(3)敢然と支持した、政治的ニュートラルを装う御用学者・御用評論家・テレビコメンテーター(4)断固支持し続けた、コイズミをはじめとする日本政府。◇要は、イラク戦争(というよりイラク侵略戦争)にノンと言い切った側の方が、圧倒的に少なかったということだ」

 ここで個別には紹介はしないが、数多く読んだ日本ブログの庶民感覚はこう――イラク政策を転換するのは結構だが、それなら「ごめんなさい、間違ってました」と率直に謝りましょうよ。もちろん、日本政府も含めての話だ。

 イラク政策を転換しても、米国主導でうまく行くと思うのは米国でも一部の人だけだろう。軍事ジャーナリスト・神浦元彰さんは「最新情報」(11月9日)の中で、重大かつ悲観的な中東情勢が生まれうると指摘している。

 「アメリカ軍がイラクから全面撤退の姿勢を見せれば、イラクにいる親米的なイラク人は国外に逃亡をするか殺される。イラクに独自の治安部隊が育っていない以上、それからのイラクを支配するのは隣国イランと強く結びついたシーア派武装勢力である。すなわちイラク南部とイランを合わせた中東の中心地域にシーア派の巨大勢力圏が誕生する。これにはイスラム穏健派(親米)と呼ばれるサウジ、ヨルダン、エジプトなどに強い恐怖心を与えるだろう。同時に新しい中東戦争の危機が誕生する」「逆にイランにとっては、新しく誕生した広大なシーア派支配地域を、軍事上防衛することは不可能に近い。そこでイランはウラン濃縮で核武装を考えているような気がしてきた。イランにとってはイラクから駐留米軍が敗退することは予測済みで、イランの核兵器開発はそのための準備(抑止力)という推測が成り立つ」

 イラクの今後は本物の国際社会の管理下にでも置くしかないと思う。だが、ブッシュ政権に余力がある間に全面敗北を認めるはずもなく、ベトナム戦争のように、どうにもならなくなって放置して逃げ出す結末しかないのだろうか。日本と違って、米国では議会が国家予算編成権を持ち、そこを握った民主党に何が出来るか。本質的な政策転換なしに2年後の大統領選まで待てば、犠牲者は恐ろしいほど膨れあがるだろう。フセイン元大統領死刑判決の際に、ある新聞に出たイラク市民の談話「フセイン時代には殺されるには何か理由があったが、今は何の理由もなく人が死んでいく」を見て、深い絶望感を共有した。
[PR]
by ydando | 2006-11-12 17:10 | 世界
オーマイニュース本家も赤字に
 ビジネスウィーク誌の方がこの間、コンタクトを求めていらしたと思ったら、OhmyNews' Oh My Biz Problemがbusinessweek.comに掲載されていました。オーマイニュース日本版がインパクトを生まなかったばかりでなく、本家も赤字の危機に瀕していると伝えています。

 一時の隆盛も韓国独特の現象であり、政治運動として成功しただけで、事業活動として成功したのではない――というあたりも納得です。ブログがまだ盛んでなかったから存在しえたのであり、将来的に魅力を失っていくとも。

 実はオーマイニュース本家のアクセス量が大きく落ち込んでいて、日本版とも大差がなくなっているのです。かなり前から気付いて、最近、社内外で話す機会があるたびに指摘してきたところです。グラフで示しましょう。例によってアクセスの実数が分かる「アキバBlog(秋葉原ブログ)」(最近は月間330万くらい)と比べます。期間をもっと長く取ってもらうと長期的な激減ぶりが分かります。

【関連】大型市民記者メディアは無理と決した [ブログ時評65]
[PR]
by ydando | 2006-11-06 16:04 | ジャーナリズム