◆新ブログに移行します◆Blog vs. Media 時評blog.dandoweb.comへどうぞ ――――――――――― ネットジャーナリズム活性化のために3/9=圧縮音楽の改善2/11=失敗国家と紙消費2/9=「ウェブ通」リンク集
by ydando
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<   2006年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
代理出産と転送事故、産科医療はどこへ [ブログ時評67]
 タレントの向井亜紀さん夫婦が米国の代理母に産んでもらった双子の出生届を品川区が認めるよう東京高裁が決定し、これに刺激されて諏訪マタニティークリニックの根津八紘院長が「子宮癌のために子宮をなくしてしまった娘のために実母が代理出産」など国内5例を公表した。折しも奈良県南部の大淀町立病院で出産途中に意識不明に陥った妊婦の転送を19病院が受け入れず、6時間後に大阪・吹田の国立循環器病センターで手術を受け死亡した事故が明るみに出た。通常のお産ですら、全国的な産科医不足で十分なサービスが難しくなっている日本の産科医療は、どこへ行くのか。

 高裁決定は一般論として代理出産を認めているのではない。「向井亜紀抗告審決定」(Matimulog)が決定文のリンク先を挙げて「報道でははっきりしなかったが、この決定はネバダ州裁判所の親子関係確認裁判を外国裁判所の裁判として民訴法118条に基づいて承認したものであった」と指摘している。子供が産まれたら役所に出生届をする。この際に医師の出生証明が必要になるが、ネバダ州裁判所が親子関係を認めて発行させた「ネバダ州出生証明書」で足りるとの決定。品川区は「分娩の事実が認められないから」と不受理にしていた。

 根津院長の記者会見は「その後の代理出産」で全文が読める。出産した祖母の子供として届け出、娘夫婦の養子にして育てている。「50歳代後半の母親の出産は、更年期を過ぎた体と年齢的な心配もありましたが、母親の子供のためならばという熱い思いの下、ある程度の危険を覚悟の上でのスタートでした」「卵巣の機能が無くなっている上に胎盤の娩出により一度に女性ホルモンが出なくなる状態となり、更年期障害が一気に再来した」「幸いなことに投薬にて1年程で落ち着き、その他の健康状態も今のところ特に異常は見られておりません」「親子愛の下で行われることからして、子供の引き渡し拒否や補償等も無く、一番問題の起こりにくい関係の下に成り立つ代理出産と考えます」。院長はむしろ、ここに理想型を見ている。

 代理出産で生じる人間関係や費用、多胎であった場合に代理母が堕胎を希望する問題などは、大野和基氏がインタビューした「独占告白 注目の出産の一部始終を語った!向井亜紀の代理母」に実例として見られる。代理母の謝礼は1万8千ドルに双子の場合で2千~3千ドル増し。医療費は別で、ずっと高額が必要になる。自分からインターネットで宣伝したのだが、家のローンを払い終わって、もう代理母をするつもりはない。「私の子供たちは全て自然分娩でした。だから、アキの子供は、それと分けるために帝王切開にしたのです」と話すあたりに当事者が抱える心理の綾が浮かび上がっていた。

 2003年に厚労省・生殖補助医療部会で「代理出産は罰則付きで禁止」の報告書がまとまっているが、相次ぐ事例を前にブログでは同情する声が数多くあった。政府も塩崎官房長官が法整備を検討する考えを示した。

 弁護士さんが書かれているという「『代理出産』『代理母』のこと」(『日常生活を愛する人は?』)が傾聴すべき主張をしている。「第1に、法律上違法なことをした結果としての妊娠、出生でも、生まれてきた子どもには何の罪もない。だから、子どもの不利益は何とかして避けてあげなければならない。(その観点から、非嫡出児の相続権が嫡出児の相続権の半分なのは全くケシカランと思っています)」「第2に、親のしたことが社会的に許されないことは勿論ありえるし、親が処罰されても不思議はない。(非嫡出児の相続権を嫡出児と平等にしたとしても、その不倫した片方が、相手方の配偶者に慰謝料支払い義務があるのと同じ)」「出産という行為は危険なものであり、いかなる理由があっても、これを他の女性にさせることを許すことがあっては、ならないからです」

 いま直面している産科医療の危機的状況はこのシリーズ「医療崩壊が産科から始まってしまった [ブログ時評59]」で検証した。産科医の疲労困憊はどこでも凄まじく、産科医のなり手が減るばかりでなく、産科を諦めて婦人科医としてだけ働く医師も増えている。手間の掛かる不妊治療が、この流れで盛んになっているかもしれない。

 10月下旬、県立奈良病院の産婦人科医5人が「報酬に見合わない過酷な勤務を強いられた」として過去2年間で1億円余の超過勤務手当と医療設備改善を要求する、象徴的な動きが表面化した。産科で高次の救急救命体制を持たない奈良県は、行政が手抜きをしてきた県の一つで、全国規模で危機の今となって整備は容易でない。

 大学での医師の養成はもちろん、診療体制、健康保険、報酬支払いシステムなど幅広い資源を投入して、医療は成り立っている。不足がはっきりした資源総量を増やす必要があるのは間違いないが、医療崩壊を食い止めようとするなら、通常のお産にこそ医療資源を優先投入しなければならない。国が取り組むべき政策なのに、今年になって地方国立大医学部定員をわずかに増やす程度の無策である。
[PR]
by ydando | 2006-10-23 19:37 | 食・健康
北朝鮮が求めているのは誇りでないか [ブログ時評66]
 北朝鮮による核実験実施から1週間。マスメディアでもネット上でも実に多くの言説を見聞きしたが、どうも胸に落ちない点がある。朝鮮戦争後、核など持たなくとも北朝鮮と米国は、お互いに手が出せない軍事状況になっている。軍事専門家・神浦元彰さんの「最新情報」10月12日分はこう指摘する。「非武装地帯(軍事境界線)から北側に地下陣地が網の目のように作られ、そこに北朝鮮軍はソウルを射程に入れる長距離砲(170ミリ)、地対地ロケット・フロッグ7、スカッドB/C、多連装ロケット発射機などを幾重にも配備している。これらの兵器には弾頭に化学弾や生物弾が装填してある。これらがアメリカ軍や韓国軍の攻撃を察知すると、ソウル市街や在韓米軍の頭上に降り注ぐのである。北朝鮮は朝鮮戦争後に貧者の原爆と呼ばれる生物・化学兵器で、核兵器を配備しているアメリカ軍の攻撃を抑止した。これが今も生きているのである」

 もちろん、核兵器や大量の通常兵器を備える米軍の報復があるから、北朝鮮だって先に火蓋は切れない。軍事兵器にらみ合い状態があるから、ドイツのように冷戦終了で国境が破れることも無かった。現状でも米軍から先制攻撃される心配は無いのに核兵器をを持つのは、自国民の食もまかなえない三流国に落ち込んで世界各国と並び立つには、核クラブに入るしかないと考えているのではないか。そう思わせる一因は、核実験予告と実施の日が、韓国の潘基文外相が次期国連事務総長に選出されるステップとぴったり合致しているからだ。

 「【核開発】なぜ今日?北朝鮮が狙った一石「四鳥」とは…?」(朝鮮日報)は「9日は国連安保理が韓国の潘基文(パン・ギムン)外交部長官を国連事務総長候補に推薦する日でもある。安保理の潘長官推薦は事前公告されていた。北朝鮮は今月3日の核実験宣言も、潘長官が第4回予備投票で1位となり、事実上、国連事務総長候補に確定した日に発表した」と伝える。北朝鮮は何も言わないものの、分裂国家の片方から国連事務総長が選ばれることは従来無かったのに、韓国から選ばれ脚光が当たる。核実験をぶつけて、自分たちだって存在しているのだとアピールしているように見える。

 もしそうなら、今回の事態は中国が引き起こしたと言えるかも知れない。国連事務総長は安保理常任理事国が1国でも反対すれば不可能だ。韓国外相ならそう簡単に中国は同意すまいと見られていたのに、これまでの総長選びに比べ異例に早く決着してしまった。中国と血で結ばれた同盟だったはずなのに、北朝鮮の疎外感は膨らんだろう。「北朝鮮は誇り高い民族」と知っている中国が読み誤ったのか。

 核実験から1週間も経ることなく国連安保理で制裁が決議された。中国もトラック貨物の検査を始めた。国内では公海上の船舶検査に海上自衛隊を投入する議論も表面化して、強面ばかりが目立つ。そうそう容易く引き下がるとは思えない北朝鮮に対して、もっと知恵のある議論はないのか。

 ブログで検索していて「軍備管理協会(ACA)の勧告『次に何をすべきか』」(川崎哲のブログ)を見つけた。ワシントンのシンクタンク「軍備管理協会(ACA)」が11日に出した「対北朝鮮で次に何をすべきか」という7項目勧告を引用している。「昨年9月の六者共同声明以後に、米財務省が偽札・資金洗浄問題で金融制裁を開始したことが問題を複雑化したことを指摘。これら核とは別問題の不法行為に関しては、米朝間で淡々と(ビジネス・ライクに)交渉して解決し、より緊急な問題である核兵器問題の交渉が再開できるような環境をつくるべきであるとしています」「安保理は制裁を課すべきであるが、制裁だけでは北朝鮮の態度を硬化させるだけであり、中韓との協調や、北朝鮮側の要求に何らかの形で応えることが必要であると述べています」

 核実験の爆発規模はTNT火薬換算で1キロトン以下と判明した。初めてプルトニウム型核兵器を造るなら、長崎原爆と同じ20キロトン程度が最も造りやすく、完全に同一タイミングで原爆外周に配した火薬を爆発させてプルトニウムを中心に集める。今回、北朝鮮は完全な爆縮装置を製造できず、プルトニウムの大半が飛散してしまう未熟な爆発で終わったらしい。核兵器として完成させるには再度から数回の核実験が欠かせない。核実験を失敗させた、過去に例が無い国として笑いものになってしまうのも辛い。プライドを重視しているとすれば、意地でも実験成功まで続けざるを得ないが、爆縮装置開発に不可欠と思える超高速度現象観測装置を、北朝鮮は入手できていないようなのだ。

 今度ばかりはメンツを潰された中国も、かなり厳しい態度に移った。失敗した現状の原爆でも大気中で爆発させれば巨大な被害を呼ぶのだが、兵器として完成させるべく、北朝鮮が自らの首を絞める「実験続行←→国連による制裁強化」の悪循環に陥って行くように思えてならない。文句ない核兵器を持ってから六者協議に復帰を狙うシナリオなのだろうが……。
[PR]
by ydando | 2006-10-18 14:51 | 世界
「男性の3分の1、生涯独身か」英語版リリース
 第152回「20代男性の3人に1人は生涯未婚の恐れ」と、これに続く「非モテ」意識と親同居独身者の増加 [ブログ時評60]とを編集した英語版を、親サイトで公開しました。"There is a possibility that one third of males in their 20s will be unmarried throughout their lifetime."です。英語版のコラムもこれで18本目になりました。

 また、岩波『世界』への転載は、発売された11月号ではオーマイニュースの可能性ほぼ消滅か [ブログ時評63]など一連のオーマイ関係を編集しました。現状はオーマイニュースの客足はますます遠のき、2ちゃんねらー達のウオッチ活動も寂しくなっています。オーマイが成功するのなら、既存メディアに及ぼす影響は大きいとみていたので、ある意味で非常に残念です。そして、鳥越編集長ら編集部が事前の十分な研究と準備を怠っていたことは、日本の職業ジャーナリストの「傲慢」「不遜」が意図しないところで現れたものだと思っています。
[PR]
by ydando | 2006-10-13 18:28 | ジャーナリズム
北朝鮮が核保有国になってしまった
 核実験予告は本気と観測されていました。9日朝、ついに北朝鮮軍部と金正日の「暴発」が発生しました。核爆発規模が小さすぎる点について日本軍事情報センターの最新情報でも議論され、成功に懐疑的になっていますが、韓国側の観測値に対し、日米の観測は大きめに出ているので、異常なほど小さいとは言えないよう。多少の失敗があったにせよ、核実験をして核保有国になった点は間違いないでしょう。

 事態の動きを見るリンク集積場所としてNorth Korea Todayを挙げておきます。「結局破綻した盧政権の対北政策」「北の核実験は金正日と軍部の合同作品」「爆発の威力は日本への原爆より小規模」「脱北核技術者「『独自の実験技術を確保した』」「なぜ9日?北朝鮮が狙った一石四鳥とは…」など、朝鮮日報などからの翻訳が掲載されています。

 日本のブログからも一つ。「北朝鮮核実験実施」(極東ブログ)は以前から北朝鮮が核搭載ミサイルを造る可能性と、日本世論がどう動くかなどを考えていました。さらに今回、興味深い指摘――パキスタンの核開発ではあり得ないプルトニウム検出を述べたウィキペディアを参照して「現在から振り返ると、『少なくともパキスタンの核実験のうち一回は北朝鮮の核の代理実験だったのではないか』というのはほぼガチといっていいだろう」。

 朝鮮日報の「なぜ今日?北朝鮮が狙った一石『四鳥』とは…?」では「9日は国連安保理が韓国の潘基文(パン・ギムン)外交部長官を国連事務総長候補に推薦する日でもある。安保理の潘長官推薦は事前公告されていた。北朝鮮は今月3日の核実験宣言も、潘長官が第4回予備投票で1位となり、事実上、国連事務総長候補に確定した日に発表した」に注目したいと思います。分裂国家からの事務総長は通常、あり得ないのに、北朝鮮を無視した形の選出に「憤り」「怒り」「妬み」を見ます。米国の戦略的パートナーとなった中国に対しては「北朝鮮『全世界がわれらの敵』」は「米国のイヌではないか」と高級幹部が発言したと伝えています。

 自ら孤立無援の境遇を求めている国です。国連では本格的な制裁論議が始まるでしょう。これに対して、北朝鮮のさらなる暴走が目に見えるようです。次は北朝鮮の崩壊について考えていかねばならなくなりました。
[PR]
by ydando | 2006-10-09 20:03 | 世界