◆新ブログに移行します◆Blog vs. Media 時評blog.dandoweb.comへどうぞ ――――――――――― ネットジャーナリズム活性化のために3/9=圧縮音楽の改善2/11=失敗国家と紙消費2/9=「ウェブ通」リンク集
by ydando
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<   2006年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
大型市民記者メディアは無理と決した [ブログ時評65]
 開設1週間で「オーマイニュースの可能性ほぼ消滅か」と見放したが、ほぼ1ヶ月を経て、オーマイニュース日本版はアクセスが激減し、商業ベースから完全に脱落してしまった。「alexa.com」で「アキバBlog(秋葉原ブログ)」とアクセス人員を比較したグラフを見れば、1日平均10万人を大きく割り込むと知れる。「ReadMe! JAPAN」の週間ランキングによればアキバBlogが1日平均10万人である。ページビューに直すと多少増えても、個人ニュースサイト程度では話にならない。

 折しも、オーマイニュース非常勤編集委員・佐々木俊尚氏が22日付「記事の質、最終的には『説得力』」で「オーマイニュースの市民記者の記事には、その論理的組み立てが欠如しているケースが多いように思う。たとえばありがちなパターンとして、何でもかんでも小泉批判に結びつけて、『小泉改革がこういう社会を生み出したのだ』と書く人が案外に多い」と本文に書き、コメント欄(20)で「現状、オーマイニュースが2ちゃんねるにもブログにも劣っているのは、その通りだとおもいます」と告白している。コメント欄をほぼ占拠し、批判し続けている2ちゃんねらー達に理があると認めたようなもの。その2ちゃんねらーも去りつつある。

 韓国でオーマイニュースを興したオ・ヨンホ代表は2003年の「オーマイニュース オ代表が同志社大学で講演 韓国オルタナティブ・メディアの現在」で成功の原因をいくつか挙げ「最後に最も重要な原因は、市民の準備が十分に整っていたことです。『ネチズン』と呼ばれる人たちがいたこと、社会問題に自ら参加しようとする人がいたことが成功の大きな原因だと思います」「もし日本でオーマイニュースのようなメディアを創りたいのなら、この様な『準備された市民』がまず必要です」と結んだ。

 これを読んだ当時はどんな「準備された市民」かと思いめぐらせたものだ。今回、オ・ヨンホ代表が「日本版の方が記事のレベルは高い」と発言しているのを見て、ノ・ムヒョン大統領が登場した政治情勢におんぶされた「準備」に過ぎなかったと判断できる。alexa.comで調べれば分かることで、本家オーマイニュースのアクセスは全盛期の30分の1以下に落ち、現状はアキバBlogに毛が生えた程度でしかない。

 私が勤める新聞社にも毎日、大量の投書が届き、一部は読者欄に掲載している。はっきり言って掲載に耐える内容は、全体の数十分の1でしかない。オーマイニュース日本版のように来た原稿は全て掲載する原則なら、冗漫すぎて誰も見向きもすまい。オーマイニュースの場合、編集長以下9人も揃えた編集部の「頭」の準備がほとんどされていなかったのだから、オ・ヨンホさんには「『準備された編集部』がまず必要です」――とお返ししておこう。

 インターネット新聞JANJAN、ライブドアPJニュース、ツカサネット新聞に続いて、オーマイニュース日本版も社会的な影響力は持てないと決した。こうした大型市民記者メディアは日本には根付かないようだ。だからと言ってネット上の知のレベルが低いのではない。

 メディア報道の欠陥を捉えた的確な批判は日々に巻き起こっているし、ネットから検索により簡単に見つけだせる。私がそれを引っ張り出して新聞社内に配れば、理解する人が増えている。メディア各社は最近、ブログなどで読者、視聴者の声を聞く態勢を整えつつある。現状は読者サービス的な色彩が強いが、メディア水準を超えた市民の「知のピーク」を取り入れるべく、市民社会と対話する方向に自覚して進む時が来たと感じる。マスメディアが自分でしなければならないと、オーマイニュースの挫折は教えている。

【関連】
オーマイニュースの可能性ほぼ消滅か [ブログ時評63]
市民記者サイトは高い敷居を持つべし [ブログ時評30]
ライブドアPJに忠告し忘れた欠陥 [ブログ時評10]
インターネットで読み解く!第150回「ネットと既成とジャーナリズム横断」
[PR]
by ydando | 2006-09-24 22:41 | ジャーナリズム
メタボリック症候群を冷静に眺めよう [ブログ時評64]
 メタボリック・シンドローム(内臓脂肪症候群)という異様な言葉が急に市民権を得た。男性なら、へそ周りで測った腹囲が85センチあるかどうかが分かれ目になり、ウエストを気にするお父さん達が増えたが、この85センチは中高年男性の平均値なのだ。マスメディアには旬のキーワードに飛びつく習性があるので、関連ニュースが次から次に流されるようになった。目新しいところで読売新聞9月16日「メタボリック症候群、胃がんのリスクも高まる…東大」あたり。諸悪の源はここに発すかのよう……。厚生労働省は医療費削減の決め手と、健康診断結果を踏まえてする保健指導を、内臓脂肪症候群の指標をてこに「相談型」から「介入型」へ、2008年度から転換する方針を打ち出している。

 2005年4月に診断の日本基準が日本内科学会総会で発表されたときから異論は出ていた。最近では9月4日の日経新聞オピニオン面が「小太りこそ健康の証し 『メタボリック』基準緩和を」を掲載した。これを読んだ「メタボリック・シンドローム・フォローアップ」(日々是感謝)は発見と喜ぶ。「人間総合科学大学教授・藤田紘一郎氏の解説によると、日本の成人男子でウエスト85センチ以上という基準値は”厳しすぎる”とのこと。なんと米国の基準は男子で103センチ以上らしいのです。氏によると、太りすぎが重大な病気の引き金になることはたしかですが、統計的にはやや肥満気味の人の方が、やせた人よりもむしろ長寿であることがわかっている」「85センチを超えていたとしても、過度に戦々恐々とするのは体によくないですし、仮に85センチを下回っていたとしても、安心できないことだってあるということなのでしょう」

 日本の診断基準には、世界の基準に比べて特異な点がある。ウエストの基準値が男性85センチ、女性90センチと女性が男性を上回る唯一の基準だ。米国なら男性103センチ、女性89センチ、中国は男性90センチ、女性80センチである。

 これについて興味深い議論が日経メディカルブログの、飛岡宏の「開業医身辺雑記」で進行している。詳しくは読者登録をして読んでいただきたいが、「メタボリックシンドロームはねつ造か?(下)」から引用する。東海大の大櫛陽一教授からのメッセージは「内臓脂肪面積は男女を混ぜて求めているのに、そこから求められた内臓脂肪面積を使ってウエストを求めるときは、男女別に分析がされている。この段階で男性のウエストは女性の影響で少なめになり、女性のウエストは男性の影響で大きめになる。これは、データ数が少なすぎて男女別にすると内臓脂肪面積が求められなかったか、男性のウエストを少なめにするための『ねつ造』かである」などと、日本基準を決めた手法に問題があったことを具体的に指摘している。関心を待たれたら、専門的ながらコメント欄での議論も参照してほしい。

 ウエスト基準を算出した危険因子のひとつ総コレステロール上限値(ミリグラム/血液1デシリットル中)が日本は「220」と、世界各国の「240~270」に比べて大幅に低く設定されていることにも疑問が持たれている。「コレステロールやや高めが長生き?」(読売新聞2005年2月20日)が大阪府守口市での総コレステロール値と死亡率の相関をグラフにしている。その「220」が最も長生きとも言え、さらに高くても死亡率は急増しない。大櫛教授はこうしたデータを生かして、男女別、年齢別に高コレステロール基準値を変えることを提唱している。閉経後の中高年女性の過半は「220」を越えるから、無用にコレステロール低下剤を処方されている実態がある。

 メタボリック症候群予防のため「フィットネスクラブの活用を」とまで聞くとさらに疑いたくなる。「メタボリックシンドローム」(antiwarnowar)の批判も理解されよう。「今日の健康ブームにあわせながら、医療改悪の動向と密接に関係しているのではないか」「医療費抑制はいまの改悪だけで間にあうはずもないから、自己責任で健康管理をせよ、というキャンペーンである」「ほとんどの労働者にとって、運動に励めというのは時間的にも金銭的にも困難な話。まずは、そういうゆとりを人びとに持たせること。そして、粗悪な外食産業を助長させた責任をとること。人びとの不安を煽る前に、やるべきことは、たくさんあるだろう」

 福島県郡山市「”Koriyama Point”で5年以内死亡率がわかる」は市民のデータ蓄積から、個人別の5年以内の死亡率を計算出来るページだ。メタボリック・シンドロームの診断基準と比べて、自分の日常生活をどうコントロールすれば長生き出来るか――見えやすいと思う。
[PR]
by ydando | 2006-09-18 23:48 | 食・健康
『世界』で興味を引いた「民族的集団自殺?」とブログ転載
 岩波『世界』10月号をめくっていたら「民族的集団自殺? 女性が不足するアジア」(イザベル・アタネ=Le Monde diplomatique)という面白い記事を見つけました。生物学的に男性は弱いので女児100人に対して男児105人程度と多めに生まれてくるものですが、アジアでは社会的習慣によって歪められ、「女児の生まれる数は通常ではあり得ないほど少なく、死亡する数は逆にあり得ないほど多いので、男性の比率が高まる」のだそうです。手が加えられていなければ、アジアの女性の数は現在より9000万人も多くなければならない計算です。

 巨大人口国である中国とインドで特に女性不足は著しく、中国の場合「2030年には男子が20%も多くなるので、結婚できない男性が毎年およそ160万人も出現する」そう。現実に中国ではベトナムなどからの嫁取りが増えているのです。男性崇拝を続けていれば、その民族は女性が減り、女性が生む子供も減るので、民族として集団自殺を図っているようなものと筆者は指摘するのです。「20代男性の3人に1人は生涯未婚の恐れ」で描いた日本の光景と仕組みは違いますが、根底に似通ったものがありますね。

 ところで岩波『世界』へ、9月号にこの「20代男性の3人に1人は生涯未婚の恐れ」と読者コメント、「非モテ」意識と親同居独身者の増加 [ブログ時評60]の一部を、10月号に労働を労働でなくす偽装請負の横行 [ブログ時評61]を転載しています。
[PR]
by ydando | 2006-09-12 15:13 | ネット
オーマイニュースの可能性ほぼ消滅か [ブログ時評63]
 8月28日にオープンしたオーマイニュース日本版は、初日にトップアクセスを記録した『嫌韓流』批判記事「インターネット上ではびこる浅はかなナショナリズム~この国の未来を支える若者の論理は…」が2ちゃんねらーによる心にもない「釣り記事」だったと判明する一方、多くの「左寄り」市民発の記事がコメント欄で2ちゃんねらー等の集中砲火を浴び「炎上」している。9月2日にはオーマイニュース編集部とブロガーの対話集会が早稲田大で開かれて、開設に至る内幕が明らかになった。

 「ブロガーXオーマイニュース『市民メディアの可能性』」レポート(1)(BigBang)が伝える鳥越俊太郎編集長の発言「僕はJanJanもライブドアニュースも見たことが無いのでわかりません。(会場凍る)」が最も衝撃的なデータである。市民参加型メディアとして先行している存在を全く勉強せずに、韓国の成功経験だけで市民メディアを立ち上げてしまったとは……。「会場凍る」に出席したブロガーら100人の顔が見えるようだ。

 「『ブロガー×オーマイニュース~市民メディアの可能性』にいってきた」(未熟者隊長の四輪連絡帳)はこう批判する。「ネットをするしないじゃなく、普通、物事を始めるときは、その周辺の環境を調べて、体験してから始めないか?」「さらに、『市民記者の原稿だから・・・』みたいな発言多々あった。だから質の悪い記事を出してもいいという?読者にとって市民だろうが、プロだろうが、匿名だろうが、実名だろが、オケラだって、カエルダッテ・・・・関係無い。読者にとって重要なのは『おもしろい』『斬新な』『しらない』テレビ番組じゃないけども『へぇ』をいえる記事かどうかのはず」「『市民記者』に代表される新しい価値は、オーマイさん家の都合なだけで、読者にはどうでもいいことになる。そのあたりも全く分かっていないようだった」

 オープン1週間の記事を私もなるべく多く読んでみた。大多数は独り善がりの書き方しか出来ておらず、ネットの良さを生かして根拠になる文書やデータにリンクを張る程度の努力も無い。市民記者以外に依頼したと思われる記事についても同傾向だから、新聞記者経験者はいてもプロの編集者は皆無なのだろう。編集部の校閲力は商業メディアの水準には全く届かず、びっくりするような誤変換が転がっている。「英霊を静かに眠らせよ ~鈴木邦男コラム」の「首相の『男の維持』が原因で、アジア外交は目茶苦茶だ」が好例。これは「男の意地」だろう。従って次のような結論が出ても不思議ではない。

 「続・オーマイニュース考」(Talleyrandの備忘録)は厳しい。「市民参加型メディアを謳い文句にしていたはずだ。それにもかかわらず、自分の所属団体の運動をそのまま記事にしたものを掲載していていいのだろうか(ここではどれだとは指摘しないが)。現在、掲載されている記事すべてがそうだとは言わないが、編集部のセンスを疑わざるを得ない。普通の新聞ならどんなにがんばっても、読者の声欄行きだろう」「オーマイニュースが、『既存メディアとは一線を画すんです。これでいいんです』というのなら、まあそれでいいが。しかし、そうであるならば、オーマイニュースのメジャー化はなくなるし、市民運動に熱心な皆様のコミュニティに堕してしまうだけである」

 もちろん、まだ見放していない人もいる。「オーマイニュースについて(2):私案」(H-Yamaguchi.net)は存在理由を打ち出せる提案をしている。「マスメディアで見かけないものが1つあるのではないかと思う。それは、『右翼』と『左翼』の、きちんとかみ合った議論だ。そんなものはどこにでもあると思われるかもしれないが、意外に少ないのではないか、というのが私の考えだ。マスメディアなどでは、たいてい両者は同席しない。同席しても、互いの意見をいうばかりで議論がかみ合わない。『朝まで生テレビ』などでも、両者(と思しき人々)は大声で同時に怒鳴りあうだけで、ちっとも議論にならない」「これこそ、他のメディアには出ていない内容ではないか。つまり、『右翼』シンパの市民記者と、『左翼』シンパの市民記者が、記事を通してバトルする、これこそがオーマイニュース日本版の目玉にすべきテーマではないか。相手を罵倒するのではなく、事実を積み重ねることによる言論バトル。『責任ある言論』だから、暴言などはチェックしてはじく。これなら、マスメディアの議論に不満な向きにも、2ちゃんねるやブログの議論に不満な向きにも、価値のある議論の場と考えていただけるのではないだろうか」

 記事の投稿で筆者実名主義を通す限りは無理と思われる。「ネット右翼」と目される人たちは実生活では右翼的言動をしないことが知られつつある。

 「第67号:オーマイニュースの明日はどっちだ!? シンポジウム報告」(「まるぽ」にうす)も「うまくやればいけるんじゃないか」とみる。「『炎上』をどうとらえるかというのも見方次第だ」「オーマイニュース編集次長の平野日出木氏は、オーマイニュースの役割について、完成された書き手が完成された記事を書くだけでなく、さまざまな人が言論を世の中に発表するという、『回転するプラットフォーム』を提供するものだとしている。いわば『輪転機』だというのだ。さまざまな質の記事があり、輪転機を通ったからといって、すべての記事が残るとは限らない、それでいいというものだ。なるほど、ひとつの見識である」「だとすれば、コメント欄の『炎上』も『回転している』と考えればいいわけで、それほど心配すべきことではないということになる」

 当のオーマイニュース編集部が至ってお気楽なのには驚く。「ブロガーXオーマイニュース『市民メディアの可能性』」レポート(2)(BigBang)は平野編集次長の発言としてこう伝える。「例の田中さんの、釣られちゃった記事ね(会場から笑)あれは初日で60,000行きました。まああれは我々も楽しませてくれたというか(爆笑)そうか、左よりの甘い言葉を散りばめた記事は釣りかもしれないとか、そういう読み方をするようになっちゃって(笑)作られていないかと要チェックとか(会場笑) いいのがあっても釣りじゃないかとか」「目標としては市民記者年内5000人、PV(ページビュー)で月1500万ですね。月400万PVいかないと広告が入らない。今はなんとか(話題になったので)そのペースは越えている」

 つまり、編集部はノルマのアクセス数が稼げれば中身はあまり気にならない様子なのだ。しかし、「NoranaiNewsオーマイニュースにノラナイニュース」が9月1日に「昨日のアクセス数は約9000(ユニーク)でした」と報告している。ここは掲載拒否された記事を2ちゃんねらー達が集めて、採用傾向を知ろうとするウェブで、実数で9千人もが来ているなら、その何倍かが1日に何度もオーマイニュースに行くことを考えると、アクセスの非常に大きな部分は2ちゃんねらーが占めている可能性が高い。「ネットウォッチ@2ch掲示板」など、彼らの間に「もう飽きた」との声が見え始めており、やがて潮は引いてしまおう。広告が取れないアクセス水準に落ち込むのは目に見えている。

【関連】市民記者サイトは高い敷居を持つべし [ブログ時評30]
[PR]
by ydando | 2006-09-03 21:43 | ジャーナリズム