◆新ブログに移行します◆Blog vs. Media 時評blog.dandoweb.comへどうぞ ――――――――――― ネットジャーナリズム活性化のために3/9=圧縮音楽の改善2/11=失敗国家と紙消費2/9=「ウェブ通」リンク集
by ydando
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<   2006年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
私大定員割れ4割、全入時代の憂鬱 [ブログ時評62]
 4年制私立大の4割、私立短大の5割が定員割れに陥っている――日本私立学校振興・共済事業団の調査で、いずれも前年から10ポイント以上増え、私大で40.4%、短大51.7%に上り、中でも定員5割に満たない私大が20校あった。今春の進学率は52.3%と過去最高を記録、18歳人口減少による大学全入時代を目前にして、大学や学部学科の新設はむしろ増えている。矛盾した先行きについて、ブログを書いている大学関係者たちは構造的な問題を指摘している。

 この春の開校は8大学、新設学部は41で、全体の定員は1万人近く増えて44万人に達した。「私大の定員割れ」(5号館のつぶやき)は「少子化が進んでいることは明らかで、数字的にも出ているのにそれに逆行するような定員増あるいは大学や学部の新設などを認可している文科省としては、自由に競争させてつぶれるところは勝手につぶれるにまかせる自由競争をさせているということでしょうか」と疑問を投げる。

 学部学科新設の裏側について「定員割れのその後」(文学部只野助教授)はこう語る。「教員は自分の居場所作りに奔走します。研究して論文書いて、いい大学に移ろうとする正統派は皆無に等しい状況です」「とにかく自分の講義を作ろうとします」「その昔、マルクス主義バリバリの社会学者が、ジェンダー学、子供学、地域づくり、コミュニティー論、福岡学etc.。ただのパソコン屋が、情報リテラシー、地域メディア論(ただのDJごっこ)、先端メディア実習(ただのハイビジョンハンディカム)といった具合です。挙句の果てには、NPO(ただのプロ市民)をつれてきて地域連携だそうです」「一番いけないところは、彼らに罪悪感がなく、こういう自分の姿を社会がリスペクトしてくれる(いやそうに違いない)と思っているところがたちが悪いです」

 そうして生まれる学部学科には、これまで見られなかった名前を持つものが増えている。「私学定員割れ時代の大学選び」(大学教員の日常・非日常)が「斬新な」名前に乗ってはいけないと警告する。「これだけ、学生が少なくなってるのに、どうして定員を増やすような学部をつくるんでしょう?今まで通りの学部学科の名前で学生が来るならば、別に名前を変更する必要なんてありません」「なんで『人間』とか『健康』とか『総合』とか『情報』とか『国際』とか『コミュニケーション』とか、名前ジェネレーターでつくったんじゃないの?と思うような学部学科名にするかと言えば……、そう受験生をだまくらかしたいのです」

 受験生が減っている以上、大学側は組織をスリム化するのが自然なのだが、それを許さないガバナンス上の問題が存在する。「各紙一斉報道『私大の4割が定員割れ』」(俺の職場は大学キャンパス)は学部学科を減らせない理由をこう指摘する。「大学では、大きな決定事項は教授会が決定して(承認して)います。学校教育法第59条の『大学には、重要な事項を審議するため、教授会を置かなければならない』という記述がその根拠だとされていますが、ご覧の通り『需要な事項』という記述はあいまいです。困った事に、経営に関する事項の多くが、教授会の審議事項になり、教授達の反対にあって取り潰されているのですね。その典型例が、学部学科のスリム化というわけです。自分達の居場所をなくすような提案が、教授会を通るわけがありません」。この点で「社会からの声が大学に届く事はないんだろうな」と、この大学職員は絶望的に感じる。

 大学定員の水増しが拍車を掛けている「超」入りやすさに、一般の人からも疑問が出てている。今春の私大では入学者の45%が推薦入試組で、論文や面接を重視したAO入試を含めると「一般入試組がもはや少数派」との日経記事に「大学激動」(税理士日記)は「受験、特に大学受験はやはり受験勉強に励み合格発表の『天命』を待つという道が『王道』であると信ずる。大学受験がこんなに簡単になってしまっては、日本人は、いつ勉強するのであろうか」「『少子化』がこんな形で教育を歪めていくことを『中学生』を子供にもつ親として悲しく思います」と嘆いている。これに共感する大学関係者も少なくない。

 詰め込み型の受験教育が最良との立場を私は取らないが、ある程度以上の知識量を持たないでは、それを使うアイデアすら思いつかないだろう。現役大学生のブログを見て回ると、世間で言われるよりは自分で考えているケースに行き当たり、悲観ばかりはしない。しかし、国内の大学では指導してくれるべき大学教員が文系、理系の差なく自分の掘ったタコツボに閉じこもっているケースが多いと、自分の取材経験からも判断している。企業が大学側の教育に疑問を持っている今、知識を蓄えるだけを脱して、大学を問題解決のトレーニングの場にできるかが問われている時代だ。ブログで拾った問題意識を見れば、負け組の大学破産が目前にあるばかりでなく、当面は勝ち組の大学だって、その内実を考えると憂鬱になる。
[PR]
by ydando | 2006-08-20 13:31 | 社会・教育
駒苫と智弁和歌山、壮絶な戦いを期待
 智弁和歌山と帝京の準々決勝。帝京が9回表の攻撃でエースに代打を送ってしまい、1試合分が既に終わっていた時点から、もう1試合分のドラマをやってくれました。

 強打の帝京に並の投手では長く引っ張れない――さらに豪打の智弁和歌山に、公式戦で投げたことがない投手が1イニングもつはずもない――という展開で、4点差をはねかえす8点を取ったのに、9回裏に5点を失ってサヨナラでした。緻密な名勝負とは言えないけれど、甲子園でかつて見たことがない試合であることは確かです。

 明日の準決勝、駒大苫小牧VS智弁和歌山が事実上の決勝戦の気配です。壮絶な打撃戦を期待しつつ、智弁の打線が本格的に目覚めた以上、有利かなとも思います。
[PR]
by ydando | 2006-08-18 15:53 | 文化スポーツ
労働を労働でなくす偽装請負の横行 [ブログ時評61]
 新聞やテレビで集中的に取り上げられて、大企業での偽装請負の横行や労働法規無視に関心が高まっている。ネット上では若年層の生活やキャリアを圧迫している実態や、外国人労働者の酷使などの体験報告も出ている。

 「雇用形態 ~請負編~」(労働サポートセンター@ブログ)で、まず請負契約と労働の違いを確認しよう。請負で得られるのは「『賃金』ではなく『報酬』であり、労働基準法を初めとした労働法の保護対象外であり、厚生年金ではなく国民年金、健保ではなく国保、失業保険の対象でもなく、有休もない。何時間働こうが残業代もなく、税金の申告は自分で確定申告をします」「請負は、基本的に業務を請け負うのです。その業務をこなしさえすれば、働き方について取引先に管理されたり指示されたりはしません」「世に請負契約を結んでいる方はたくさんいます。しかし、自分が請負契約を結ばされているということを理解していない方もたくさんいます」

 こうして実態は労働なのに、請負であると偽装して労働法規の保護から外され、不利な状態に置かれている労働者が多数発生している。大企業の前にIT業界で別の観点からも問題になっていた。「IT業界の問題点 - 偽装請負」(ビジネス指向のエンジニア日記 - ビジョナリーカンパニー作成日記)はこう指摘する。「中小のソフトハウスには、独自の技術もなく、経営が優れているわけでもない会社が沢山あります。なぜそんな企業が生き残っていられるのか、それは偽装請負を行っているからです」「偽装請負が問題なのか、それは最近になってIT業界の発達を妨げていることが認識されたからです」「そこには社員を育てようという気はまったくなく、人を商材としか考えていない経営者が多くいて、技術者を使い捨てする事も何とも思っていない経営者がいるのです。でも騙されてこんな会社に入社してしまう新人技術者が後を絶ちません」

 松下電器など大企業の悪質な使用実態を暴く声も聞こえる。「若い人達へ 今こそ声を上げて欲しい」(松下プラズマディスプレイ社 偽装請負事件)は、どんどん安上がりな雇用になるよう下請け会社を変える手口を告発している。「プラズマディスプレイの製造ラインで封着工程という部門は一番重要な部門であるということは、松下プラズマの班長も私に言っていた。そして、その部門を支えてきたのは私やSさんやNさんといったパスコの従業員だった。だから、松下プラズマの班長達が会社命令でパスコの従業員を条件の低いコラボレートに無理矢理移籍させようとした時に」「封着工程のパスコの3人の従業員が首を縦に振らなかった時も辞めさせることが出来なかったのである」「パスコの従業員達に対して、松下プラズマが行なってきたことは実にえげつなかった。松下の命令でパスコの従業員がコラボレートの従業員に仕事を教えるということをしていたのだが、これはある程度仕事を教えたら自分がクビになるということを意味していたのである。クビになりたくなければ、条件の低いコラボレートへ移籍しろということである」

 「漂う若者『先がない』 偽装請負の工場 生活費は数万円 突然の解雇予告」(ウーツー[CDレビューア])に現れる、大幅にピンはねされている派遣会社の労働者も偽装請負の可能性が高そうだ。「僕はかつては正社員だった。会社にとって無用の僕は製造の子会社で3勤3休の2交代12時間勤務に送られた。立ちっぱなしで足はむくんで、足の裏が痛くて、帰りに歩けなくなることもあった」「僕はまだ恵まれていた。工程の8割を占める派遣会社の青年は、会社から派遣会社に渡される一人当たり30万円の金のうちの2分の1、15万円の金しか渡されてなかったのだ」「交代の時間がきて裏番の青年が腹が痛いと言っていた。おそらく有機化合物の臭気のせいだろう。僕は『早く医者に行ったほうがいいよ』と言ったが、彼は答えた。『僕は健康保険に入ってないから、医者にかかれない』」

 労働法規ほど守られていない法律は少ないと言われる。労基署は請負契約だと知ると、それ以上の追及を止めてしまう傾向が強い。次に挙げるシャープ亀山工場の報告にも呆れる。「派遣と請負の・・・」(みんみんざる碁の日記)は言う。「驚くべきはその勤務シフトです。亀山は24時間を2交替で操業しています」「シャープやM社の正社員は3勤2休が原則です。それは残業や休日出勤があったら労働基準法違反になるからです。派遣のスタッフは4勤2休が原則です。1出勤日の労働時間は10.5時間です。労働基準法は週40時間労働・残業は1月40時間まで、という事になっていますが、普通に全部出たら『違反』になってしまいます」「日系ブラジル人の勤務シフトたるや6勤2休および6勤1休なんです」

 第152回「20代男性の3人に1人は生涯未婚の恐れ」「非モテ」意識と親同居独身者の増加 [ブログ時評60]で描いた、若い世代が親から独立できず、異性との交際が細っている問題の大きな背景に、こうした労働の実態があるのは間違いない。
[PR]
by ydando | 2006-08-07 17:16 | 社会・教育
負の出発点に立ってしまったオーマイニュース
 毎日新聞が今日の社会面で書いた「にっぽんに思う:/2 日本版『オーマイニュース』 匿名の中傷に危機感」は、鳥越編集長へ応援になっていないのではないか。「OhmyNews開店準備中ブログ」で起きていた「炎上」は単に「『嫌韓流』のうねり ネット世論、匿名の攻撃」と新聞の見出しにあるだけの問題ではなかったと思う。

 実質的にコメント欄を閉じる結果になった。ネット上の大衆にどう対応するのか、深く考えずにブログを開いたことこそ問題だった。さらに記事に取り上げられている、問題を起こした「一市民記者の意見として」の扱い方は、編集部にプロの編集者が不在であることを暴露してしまった。市民記者は新興宗教かぶれらしく「エングラム」という概念を持ちだして得意げに説いている。一般読者に読んで分からない記事を編集部が選んで掲示したことだけでも、期待する読者がいたとすれば大きな失望を与えたはずだ。掲示したのは今春、大学を出て就職したばかりの女性編集者だが、匿名とはいえ真っ当な批判を浴びても取り下げないのだから編集部全体で支持しているのだろう。

 創刊まで4週間。韓国での成功をベースに日本進出するどころか、かなりマイナスの所から出発しなければならなくなったと見る。読者をまだほとんど掴んでいない時点で毎日新聞の記事が出たのでは、援護ではなく足を引っ張る要素が強いと思う。

【新展開】9/3にオーマイニュースの可能性ほぼ消滅か [ブログ時評63] をリリース
[PR]
by ydando | 2006-08-01 20:30 | ジャーナリズム