◆新ブログに移行します◆Blog vs. Media 時評blog.dandoweb.comへどうぞ ――――――――――― ネットジャーナリズム活性化のために3/9=圧縮音楽の改善2/11=失敗国家と紙消費2/9=「ウェブ通」リンク集
by ydando
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<   2006年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
医療崩壊が産科から始まってしまった [ブログ時評59]
 産科医療の実情が6月中旬、次々に明らかになり、日本の医療システムが崩壊する悲鳴を聞いたと感じた。まず、日本産婦人科学会の実態調査で、全国で5、6千はあると思われてきた分娩施設が3000カ所に急減した。多くは都市部に集まっており、自分の住む町でお産が出来る市町村は大幅に減った。1万人以上いると思われた分娩を扱う医師数もわずか8000人だった。次いで、産科医は当直が月平均16.7回で当直明けの日もほとんどが働き続け、週平均61時間労働――と勤務実態を示す厚生労働省研究班調査が出た。

 産科医はどれほど過酷な勤務をしているのか。「周産期医療の崩壊をくい止める会のホームページ」から横浜市大母子医療センターの奥田美加主任が衆院厚生労働委でした説明を拾う。メンバーが多い大学施設なので当直こそ少ないが「平日に1回当直があり、他に緊急手術や患者家族とのお話、診療の下調べなどのために残り、休日に帝王切開で呼ばれて1回登院、という平均的な週の在院時間をざっと計算してみると、85時間くらいになるでしょうか」「産科医療は誰かがやらなければならないですし、産科を専門としている私は、現在の仕事は確かに好きですが、こんな状況ですので、自分が辞めもせず死にもせずに何とかやれているのが不思議です」「次世代が増えなければ、もう限界だと思います」

 お産では、ある確率で胎児や母体の死が避けられない。遺族から過誤と訴えられるケースが増え、刑事責任の追及まで続いて、大学を出たばかりの医師が産婦人科を避ける傾向がますます強まっている。2月に福島県で、帝王切開中に注意不十分で大出血を起こし妊婦を死なせたとして産婦人科医が逮捕された。「福島県の地元紙の報道内容」(ある産婦人科医のひとりごと)は「産科診療に従事していれば、癒着胎盤の大出血に遭遇する可能性はいつでも誰にでもあり得ます。万一、『この国では、産科診療中に癒着胎盤の大出血に遭遇した場合には、診療の結果次第で、担当医が逮捕され有罪となることを覚悟しなければならない』ということになれば、危なくてこの国では誰も産科診療には従事できなくなってしまいます」と抗議している。しかし、この事件検挙は県警本部長賞を受け、6月には奈良県でも出産直後の妊婦が死亡したのは処置にミスがあったと産婦人科医が書類送検された。

 福島県では逮捕の医師を出していた県立医大が、1人医師体制では負担が大きすぎると県立病院への派遣を相次いで取り止め、奈良の病院は分娩の受付を制限する処置に出て、お産難民の増加に拍車をかける結果になった。「どうする?日本のお産」プロジェクト「質問1」のアンケートに、医師不足により「勤務する大学産科婦人科学教室関連病院では、一昨年から本年6月までの間、県立病院1軒、市民病院4軒、私立病院2軒、の計7件が産婦人科閉鎖もしくは分娩取り扱い中止となった」「医師になってまだ10年も経っていない若手が教室関連病院の中での人事から離れ、独自に私的施設へ就職する例が多いというのが、5年前まではあまりなかったのに、近年めだっている現象である」と記されている。産科を離れ婦人科専門に転じたり、条件が良い民間病院を指向する。

 同じアンケートに北海道の支庁にいる産科医から、こんな回答がある。「現在、私一人しかいませんが、派遣元から病院長へ9月一杯で派遣を打ち切ると通告がありました。近隣の病院までは、救急車で3~4時間かかる地域です」「子宮外妊娠破裂を起こすと、今後、この地域では確実に死にます」「自宅で早剥を起こすと、胎児は死亡するか重度障害児になります。母体は、死ぬか、助かったとしても、子宮が残っていることは少ないでしょう」最後は悲痛に結んでいる。「仮に、私が派遣元をやめ、現在の病院に残ったとしても、派遣元からの応援なく365日、24時間拘束ではやっていけません。必要なのは、個人の頑張りではなく、永続して産婦人科医師を確保するシステムなのです」

 MRICインタビュー「もはや医療崩壊は止まらないかもしれない」で小松秀樹・虎の門病院泌尿器科部長が医療崩壊のメカニズムを語る。「ほとんどの勤務医は勤労意欲を失いかかっています。いつ辞めようか、いつ辞めようかと思いながら働いています」「それでも基本的に医療が好きなので、何とか踏み止まってきました。これに患者との軋轢が加わりました。実際に、相当数の医師がやる気をなくして、病院を離れています」「そこそこの労働条件でバリバリ働ける医療施設があったら、優秀な医療者は皆そこで働きたいと思います。こういった施設は健康保険の枠内では実質的に不可能ですが、自由診療にすれば充分可能です。民間保険とリンクして、そういった医療機関を作ろうという動きがあるやにも聞いています。急性期病棟に踏み止まってきたリーダー的な医療者たちが、そういった医療機関に移動してしまったら、もはや日本の保険医療は質を保てません。結果的に民間保険に加入できない低所得層は真っ当な医療を受けられなくなるということです」

 お産の場合、基本は自由診療であり、異常があった場合のみ健康保険適用になる。大都市では出産費用は高額でも設備が良い民間病院が出来ていて、そこに医師が集まる一方、福島の事件で地方病院からの引き揚げは加速した。産科領域では既に引き返せないほど、人材移動と分娩現場縮小が始まってしまった。小さな県では将来、お産が出来るのは県庁所在地だけにもなりかねない。遠隔地の妊婦は、事前に病院近くにアパートを借りたり、ホテル住まいで出産に備えなければならない。少子化対策が言われる時期に、出産そのものに大きな負担が加わる大逆行。医療費の増加を食い止めることにしか関心が無かった国の医療行政が、医療の内実を放置してきた結果である。
[PR]
by ydando | 2006-06-23 19:04 | 食・健康
福井日銀総裁の引き延ばしはアンフェア
 村上ファンドに1000万円出資したことが明るみに出た福井日銀総裁が、16日の衆院財務金融委でも利益額の数字を明らかにしなかった。国会会期切れを狙ったアンフェアなやり口と言われて、弁明できないはず。少なくとも今年の確定申告での額なら即座に出せるのだから。閉会後の20日、衆院財務金融委理事懇談会で福井総裁から資料の提出を受けて、委員会の招集を決めるから、さらに時間が掛かる。国民に伝えるのを引き延ばすのもいいところだ。

 それでも16日の答弁では「利益は数百万円の年もあった」と認めた。利益額は1500万円との推計を出す新聞もあり、少なくも1000万円を超えているのなら、長く預貯金金利ゼロにあえいできた国民の心情として、日銀総裁の行動は容認されないのではないか。「国民に納得がいく使い道を考える」と、どこかに寄付するような弁明は、この際、意味がない。明らかにならなかったら、そんなことは考えなかったはずだ。

 「福井よ、オマエモカ... 村上発、BOJショック!@小泉政権周辺にはマトモな日本人はいないのか?」(ぬぬぬ?)は良いセンスで福井総裁の言い訳に切り込んでいる。「福井自身の口から『一口10億円の村上ファンドに対して、個人的に1000万円だけしか出しておりませんから』と言って金額の少なさと関連性の希薄さを強調しようと頑張っておったが、あれ?、だとすると出資条件を満たさず儲け話に加えてもらえる個人的な親密度を衆人環視の前で露呈したことにならない? ボロが出た瞬間と見ました」

 経済産業省の職員が1口100万円で幹事が資金を募って村上ファンドに投資した件も、同様の疑義がある。庶民の意識とかけ離れた行動には、冗談ではないと言っておきたい。
[PR]
by ydando | 2006-06-16 19:54 | 政治・経済
市民ジャーナリズム実験例としての[ブログ時評57]
 5月21日にリリースした「看護師不足起こし老人医療放棄を強行 [ブログ時評57]」を先日発売された岩波『世界』7月号連載「ネット言論はいま・ブログ時評on SEKAI」に転載しました。見出しは「厚労省がここまで医療と保険に無知だったとは」に代わっています。内容的には、6月10日付けの朝日新聞2面「時時刻刻・行き場失う高齢患者」の前半部分を、ブログの力を借り、先行して明らかにして見せた形になっています。

 ブログ時評シリーズの中でも、ちょっと特異な成り立ちです。4月の診療報酬改定で病床削減を促す「先取り制度改革」があったとのニュースを知って、ブログの世界には病院の経営難を伝える生データがあるに違いない――と推測、1時間ほどで拾い集め、そのまま書き上げただけです。最後にある、免疫学者、多田富雄さんのリハビリ制限化についての告発は前から知っている必要がありますが、これはコラムとして落ち着かせるために書き込んでいるだけで、もしネット上でニュースとして流すには、3人の方の報告を集めた前半3分の2だけで十分だと思います。こういう形でニュースが書ける面白い実験例です。

 市民ジャーナリズムの新勢力「オーマイニュース日本版」が8月下旬のオープンを目標にし、OhmyNews開店準備中ブログが6月1日、立ち上がりました。現在のところ、スタッフの自己紹介が続いている程度ですが、何が生まれるのか見える窓になるでしょう。日本国内で市民ジャーナリズム・サイトを新たに立ち上げるには「市民記者サイトは高い敷居を持つべし [ブログ時評30]」で論じた立場が必要との見方は変わっていません。開店準備中ブログでは、オープン前にも何か新しいことをやって見せてもらえるそうなので、注視していましょう。
[PR]
by ydando | 2006-06-10 22:14 | ジャーナリズム
八重洲北口へ気軽に吟醸酒を飲みに
 先日の吟醸酒隆盛で日本酒に新時代が来るか [ブログ時評55]で紹介した「全国70蔵直営スダンディングバー『吟醸バー 蔵70』」に行ってきました。8月5日まで開いています。定休は日・月曜日で、開店17:00~21:00。

 まず1000円で1100円分のチケットを買って注文します。小グラスに3種の吟醸酒をセットした利き酒セット(600円)をA、B2セット、さらに1杯300円をひとつ、酒造会社が持ち寄った郷土おつまみセット500円に、チェイサーとして酒造水ボトル100円で、100円分あまりましたから、また行くことにします。

 立ち飲みなので、ゆったりとは出来ませんが、全く知らない酒の味を知るのは楽しい。たくさん飲まないのが、かえって良いと思います。吟醸酒の場合は全く同じ味には出来ないので、知っている銘柄でも微妙に味は異なります。場所は東京駅八重洲北口にある1階食堂街の中でも北の方です。店の人によると、半数の客はこのイベントがあることを知らないで来た、通りすがりの方だといいます。1000円ちょうどで、利き酒セットとおつまみセットだけ。さっと切り上げるのも、いいでしょう。
[PR]
by ydando | 2006-06-08 18:38 | 食・健康
本物の投資家に至らず村上ファンド退場 [ブログ時評58]
 5月上旬、シンガポールへの村上ファンド本拠移転あたりから流れていた、東京地検の捜査着手が本物になった。6月5日午前、村上世彰代表は異例の記者会見でニッポン放送株のインサイダー取引を認めて謝罪し、地検は5日午後、取り調べに呼び、証券取引法違反容疑で逮捕した。インサイダー行為による利益は数十億円とも言われる。ファンドに出資していた年金資金などは違法行為を理由に一斉に資金引き揚げに出るとみられ、代表本人は業界を去り、ファンドを別名に変えても存続したい意向が実るかどうか、疑問がある。

 昨年10月に「村上ファンドを研究してみよう [ブログ時評35]」を書いた際には、無能力な阪神電鉄経営陣に対して何らかの新風を吹き込んでくれるのではないか、と期待する気持ちもあった。しかし、電鉄株を最終的に1300億円の資金投下で47%にまで買い増し、役員の過半をおさえる提案をしながら、これも結局は脅しの手段に過ぎず、阪神電鉄が持つ諸資源を活性化させる具体策は持ち合わせなかった。

 「アクティビスト(行動する投資家)」(なるなる&かねこっちの「未来予報3.0」)が指摘する通りだろう。「『安ければ買い、高ければ売る』これは投資家ではない。投機家がやることである。最近、各種メディアではこういった人々をアクティビスト(行動する投資家)と呼んでいる。全てのアクティビストがそうであるとは思わないけれど、大半が口先だけの行動である」「本当のキャピタリストであれば、経営・オペレーションのステアリングにまで言及して、明確な責任を持とうとするはずである。こういう人たちを、ハンズオン型キャピタリストと呼ぶが、本来こうあるべきだ」

 「ハンズオン型の投資家であれば、その会社の最適な組織体制やそこで従事する社員のモチベーションにまで、細かい配慮をしていくものである。それが、村上世彰氏には全くできていなかった。それだけである。決して成功体験が続いて、バランスを失ったわけではない」と、当初から各種メディアが持ち上げたことそれ自体がおかしいと判断する。

 「Deep KISS第82号『ダブルカウント②~阪神×阪急』」(板倉雄一郎事務所)は阪神株取得では根本的な錯誤を犯していたと主張する。企業を買い取る場合の値付けをどうするかである。「事業価値か、または不動産価値か、『どちらか一方』だけ、投資家は価値としてカウントすべきなのです」。ところが、村上ファンドは「事業価値+不動産価値」のダブルカウントをしてしまったとみる。「事業を解散もしくは移転して継続する場合でなければ、その事業を営むために必要な不動産価値を、企業価値に上乗せして評価することは出来ないのです。また、移転を前提にしない場合、不動産の簿価と時価の違いも、何の意味も持ちません」

 事業を継続しながら、事業が依拠している不動産を切り売りしていくことなど非現実的なのだ。「ある意味、こうなって、社会にとっても、村上氏自身にとっても、良い結果だと思います。彼らの手法では、いずれ行き詰まり、リターンを出すことが出来なくなるでしょうから」「何も生み出さず、奪い取るだけの行為は、誰かに止めてもらえなければ、止まらなかったかもしれません。これで村上氏は、(ファンド出資者の)奴隷から解放されたということです」と、今回の逮捕が持つ意味を説く。

 阪神が持つ不動産の巨大含み益を担保にして関連事業を起こすのならともかく、何らかの方法で現金化することにしか関心が無いように感じられた。「アクティビスト」とは「ものを言う投資家」でもあるが、最後まで有益な「もの」は言われなかったようだ。
[PR]
by ydando | 2006-06-05 18:59 | 政治・経済