◆新ブログに移行します◆Blog vs. Media 時評blog.dandoweb.comへどうぞ ――――――――――― ネットジャーナリズム活性化のために3/9=圧縮音楽の改善2/11=失敗国家と紙消費2/9=「ウェブ通」リンク集
by ydando
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<   2006年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
看護師不足起こし老人医療放棄を強行 [ブログ時評57]
 医療制度改革関連法案が衆院を通過し、今国会で成立の見通しが立った。この「改革」では、慢性疾患などで長期入院している患者の「療養病床」全国38万床を、2012年度までに15万床に減らし、いわゆる「社会的入院」に大鉈を振るうことが目玉になっている。まだ、これからの話だと思っていたら、この4月の診療報酬改定で病床削減を促す、「先取り制度改革」があり、全国の病院が大騒ぎになっている。

 四病院団体協議会が全国で緊急調査し「看護師の確保が困難な中小の民間病院を中心に約1割の病院が運営困難に陥っている」との結果を発表した。一般病棟の場合で看護職員1人当たりの入院患者が15人、13人、10人が従来の区分だったのに、新たに7人の区分を設け、従来よりも高い区分に移らないと報酬が減る仕組みとした。このため大病院を中心に仲介業者に1人100万円を払ってでも看護師を引き抜き、診療報酬を維持しようと躍起になっている。

 あおりを受けている病院に勤めるナースが書く「療養型は今大変です」は危機的状況を報告している。「医療区分2以上の人を入れないと、病院は赤字になるらしいです。医療区分2の人というのは、鬱病の人、あと認知症等で暴力行為がある人、褥瘡が酷い人もだったかな?嚥下機能訓練中もよかったと思う。医療区分3の人は循環や呼吸不全で常時医療が必要な人で、今まで普通に療養型に入院していたただの寝たきりの人は医療区分1ってことで、病院としては置いておけないんだそうです。いても儲けにならないから」。さらに、看護職員1人当たりの数え方が旧式だが「看護師の数が、現在の患者数5対1ではなく、4対1にしないとちゃんとした診療報酬がもらえないという事で、どの療養型の病院も躍起になって看護師募集してます」「毎月のように退職者がでるもので、採用しても追いつかない。このままでは病棟閉鎖か?という位の危機です」

 病院経営側の「病院の1割、経営危機~地域医療の崩壊が心配です」も書く。介護保険実施時に職員配置基準がゆるい療養病床が出来て転換したのに「医療制度改悪法案では、『療養病床』を全廃しようとしています。ファッショ小泉と厚生労働省の悪巧みです。医療機関側は、かけたはしごをいっせいにはずされたのです」「私どもの法人は、120床病院と3つの無床クリニックを運営していますが、従来のままだと9千万円の減収になるところでした。全職員で知恵を出し合って必要なところに経営資源を集中することにし、病院の一般病床90床を7:1看護配置に、30床の療養病床は一般病床に転換する目途が立ちました」

 開業医が書いている「町の病院が潰れる」は悲惨な予想をしている。「これまで病院は、在院日数の減少、紹介率の上昇、医療の標準化など効率化に励んできましたが、改定ではこれらの努力は無視され、看護師の人数だけで診療報酬が決まるようになってしまいました」「この余波を一番受けるのが実は高齢者です。大病院では長期の入院は困難なため、長期入院の受け皿が中小の民間病院です。これは経験しないと理解できないことですが、大病院で退院勧告され自宅での介護が無理な場合、次の受け入れ病院を探すのは大変なことです。中小の病院が次々に閉鎖されるとますます大変になるでしょう。在宅介護が国の方針なので致し方ないのでしょうが」

 総医療費抑制のために在宅介護が打ち出されてはいるが、今回の診療報酬改定では本気で在宅介護をするつもりがあるのか疑いたくなる、もう一つ驚くべき改悪が行われた。病後のリハビリを最大180日しか医療保険の対象にしないと決めた。この改悪を新聞に投稿、告発した脳梗塞の免疫学者、多田富雄さんの「リハビリ中止は死の宣告」はネット上でも共感を呼び、反対署名運動が広がっている。「昨年、別な病気で3週間ほどリハビリを休んだら、以前は50メートルは歩けたのに、立ち上がることすら難しくなった。身体機能はリハビリをちょっと怠ると瞬く間に低下することを思い知らされた」「リハビリは単なる機能回復ではない。社会復帰を含めた、人間の尊厳の回復である。話すことも直立二足歩行も基本的人権に属する。それを奪う改定は、人間の尊厳を踏みにじることになる。そのことに気づいて欲しい」「今回の改定によって、何人の患者が社会から脱落し、尊厳を失い、命を落とすことになるか。そして一番弱い障害者に『死ね』といわんばかりの制度をつくる国が、どうして『福祉国家』と言えるのであろうか」

 いくらリハビリをしても症状が良くならないから打ち切るというのは、交通事故などを対象にした損害賠償保険の考え方だ。公的な健康保険の考え方ではない。厚生労働省がここまで医療と保険について無知だったとは、想像もしていなかった。そして、一連の改定が公明党を与党として実施されていることが信じられない。母体である創価学会は高齢者の支持が厚く、選挙運動は婦人部が担っていると言って過言でない。これから半年後、1年後に病気の高齢者を抱えた家庭がどのような状況に陥るか、想像するのは難しくない。来年の参院選にも大きく響く可能性がある。

 【関連】医療制度改革試案とメディアの虚栄 [ブログ時評37]
[PR]
by ydando | 2006-05-21 20:14 | 食・健康
英語版サイトに「東アジアの国際結婚過熱」
 色々と話題になった「過熱とも見える東アジアの国際結婚 [ブログ時評53]」を、英訳しました。"Seemingly Overheated International Marriages in East Asia"です。昨年夏の総選挙で忙しくなり、英語版サイト更新も途絶えていましたが、ようやく新作です。外国の方に知り合いがいらっしゃれば、ご紹介下さい。ブログ時評からの英訳は5件目になりました。これまでにリリースしたものに"Level Crossing Accident Investigation - Real Name Journalist's Blog & Amateur Blogs""などがあります。
[PR]
by ydando | 2006-05-17 16:22 | 世界
高松塚壁画保存では素人だった文化庁 [ブログ時評56]
 国宝・高松塚古墳壁画の保存状態が危機的な状況にあり、発見から30年以上も経つための自然劣化ではなく、保存を担った文化庁が繰り返しミスを犯した結果と推定されるようになった。4月半ばからマスメディアが再三再四伝えた惨状から、文化庁が古墳壁画保存の専門家ではないことを国民は知ってしまった。情報公開によって明かされた作業日誌には驚くべき事柄が書かれていた。照明器具を倒すなどして壁画を何カ所も傷つけ、公表しないまま周囲の土を塗ってごまかした。2001年に石室の前まで防護服を着ない普段着の業者が入って作業し、直後に起きたカビ大発生を呼んだ疑いが濃厚になった。マニュアルには「防護服は石室内でとある」と弁解がされた後、1989年に素手で石室を開ける文化庁職員の写真が発見されては、カビ防護など最初から口で言うほどに重視していなかったと考えるしかない。

 いたたまれなくなって文化庁の役人を排除した調査委員会ができた。「高松塚古墳取合部天井の崩落止め工事及び石室西壁の損傷事故に関する調査委員会(第1回)議事次第」に資料がいくつも掲げられている。「資料4 国宝高松塚古墳壁画をめぐる経緯と現状について」で壁画がどれほど悲惨な目にあったか見てもいただきたいが、ここでは「参考資料 国宝高松塚古墳壁画保存対策の経緯(平成18年3月31日まで)」を開こう。7ページ目に2001年2月から3月に「取合部及び石槨躯体壁両脇崩落部分の強化工事を実施」とあるのが防護服を着ない普段着工事である。そして3月26~29日の点検で「取合部施工部分を中心に夥しいカビの発生を確認」となり、石室を開けるのを半年延期するも、9月に開いてみれば「密閉していた石槨内にもカビ発生を確認」するに至った。以後、損傷事故や多数の虫の死骸が繰り返し報告されている。

 「誰が国宝・高松塚古墳壁画を殺したのか?高松塚古墳石室解体にみる文化庁の体質」(kitombo.com)という注目すべき長文リポートが昨年10月に書かれている。問題はカビだけではなく、壁画全体が退色しているのだ。渡辺明義・文化審議会文化財分科会会長へのインタビューで「壁画の劣化を意識したのはいつですか?」と聞いて「渡辺:2001年に青木繁夫くん(東京文化財研究所国際文化財保存修復センター長)に指摘された時かな。昔のきれいさが薄れたかな…と思いました。それまではカビに関心を取られていたのです。1980年にカビが発生したときは、心臓が止まるほどびっくりしましたよ。心配で仕事が手に付きませんでした。このときに全面的に情報を公開するチャンスがあったのかもしれませんね。でも転換が出来なかった」との返事である。いつか公表との思いはあっても、保身に走る役人根性が阻んできた。

 論点は数多いが、もう一つ。高松塚現地には壁画保存のために1億円をかけた施設が出来ているが、この役割も私が聞いていた、石室の温度・湿度を管理するものとは違っていた。「保存施設には三つの部屋があり、石室に近づくにつれて部屋の温度と湿度が変化し、石室の真ん前の部屋では石室と同じになる。つまり石室の中で作業する技師たちが石室の扉を開けたときに、外の乾燥した空気が直接、石室に入り込まないようにしているのだ。つまり、技師たちが作業するとき以外は、この保存施設は眠っているだけなのだ」

 昨年夏になって冷却管で外部を覆う工事がされたが、石室の環境はほとんど発見当時のまま推移してきたのであり、虫も出入り自由。いったい、文化庁は何をしてきたのだろう。実は壁画発見当初に訪れた、ラスコー洞窟壁画保存の研究者だったフランスの専門家は、直ちに剥ぎ取って保存するよう助言していた。「『高松塚古墳壁画を石室から剥がせ!』発見当時の72年に、フレスコ画の専門家が提言していたが、文化庁は無視した」(天漢日乗)に詳しい。

 壁画が描かれている「(b)石灰層の現状は極度に危険である。層は剥離している。この原因は過剰の湿気による石灰層の老化で、それは更に石と下塗りの間および下塗りそれ自身の中に入り込んだ木の根によって、事態が重大化している」「(c)この壁画は、剥がして強化し、移し替えを行うべきであると思われる。この作業は現在では実現可能である」「日本の現地で協力するためにヨーロッパの熟練者を日本に招くことが望ましい」とアドバイスを受けた。しかし、その後は樹脂接着剤を注射して浮き上がっている部分をあちこちと貼り付ける対症療法で逃げてきた。今となっては、最近一般公開されたキトラ・白虎図のように剥がすこともままならなくなった。

 「外国人に剥がされるのはイヤというだけの理由で、フレスコ画である高松塚古墳壁画は、文化庁の不作為によって破壊されたのだ。高松塚古墳壁画を30年かけて破壊したのは、文化庁である」という憤りは正当なものに思える。このブログは昨年7月に書かれているので、今となっては不作為に加え、文化庁の重大な注意義務違反も破壊に荷担してきたと指摘できる。
[PR]
by ydando | 2006-05-14 21:58 | 文化スポーツ
『世界』掲載分と北海道新聞・道警の「手打ち」
 岩波『世界』6月号への掲載は「原発震災の可能性を裁判所が認めた [ブログ時評52]」「『原発震災認定』の判決対策に新耐震指針固まる?!」を合わせて1本にしました。先週も島根原発の近くに、明らかに従来想定を超えたマグニチュード7.0の地震を起こせる活断層(18キロ)が確認されました。

 届いた『世界』6月号を見ていると、元道警幹部で裏金作りを証言した原田宏二氏が「これはジャーナリズムの自殺だ/北海道新聞と北海道警察の『手打ち』をめぐって」を書かれています。今年初めに道新が謝罪記事を掲載した際にブログでは「道新が『自殺』した経緯~労働組合の報告から」などが書かれて、粗筋は判ったつもりでいましたが、社内であったことを改めて詳細に跡付けされています。特に道警記者クラブキャップと道警広報課長による「広告横領事件関連取材メモ」は衝撃的です。

 新聞協会の「新聞研究4月号」に高知新聞の依光隆明社会部長が「誰のために書くのか――高知新聞流『記者公僕論』」を書いています。高知新聞も道新と並んで警察捜査費の不正を暴いた新聞社ですが、警察担当キャップは取材した内容を書くかどうか悩んだそうです。「記者の取った情報は記者個人のものでも会社のものでもない。書け。書いたことによって特オチが続いてもいい」と、当時の社会部長に言われて踏み切った事情が紹介されています。道新も不正追及当時はそうした高揚感があったはずなのに……。
[PR]
by ydando | 2006-05-08 19:34 | ジャーナリズム
吟醸酒隆盛で日本酒に新時代が来るか [ブログ時評55]
 日本酒輸出が拡大しており、4年連続で前年比増を記録した。2005年は一升瓶(1.8リットル)換算で530万本にあたる9537キロリットルを輸出、輸出額は53億3857万円だった。国税庁が発表した清酒の年間課税出荷数量が73万キロリットル余りだから国内消費に比べ1.3%程度に過ぎないが、海外では高級な吟醸酒に人気が集まっているといい、国内でも若い世代に吟醸酒をアピールする長期イベントが東京駅八重洲北口で近く始まる。2005年は焼酎ブームが一服して前年比で横ばいになり、毎年6ポイント前後も下げ続けていた清酒出荷が3.3%減でおさまった。ネットの楽天市場で吟醸酒を検索すると7162件もヒットする隆盛ぶりが、後退し続けている日本酒に新時代を開けるだろうか。

 「海外で日本酒ブーム到来!?」(獺祭庵・・・つれづれなるままに)が共同通信の記事を引きながら米国のブームを語り、興味深い関連サイトも集めている。「最近は日本酒を今までは“Japanese Sake”と言っていたのが“rice wine”と言ったりするそうです。僕の経験から、アメリカ人の日本酒の好みの傾向としては冷やでは淡麗辛口路線が多いように思う。なるほど、淡麗辛口なら吟醸香があってフルーティなので“rice wine”かも知れない」

 輸出量が31%と最も多い米国が、金額で48%(26億円)を占めていることからも高級化が著しいことが判る。しかし、米国で日本酒を飲んでもらう道筋は単純ではなかった。1979年から「大関」が米国現地生産を始め、大手の「月桂冠」「松竹梅」、中小で「八重垣」なども続いて参入した。例えば米国月桂冠は2005年に3400キロリットルを生産し、米国内のほかカナダや欧州、南米にも販売した。現地生産により輸出量以上の日本酒が実際に飲まれているのだが、1998年に私の連載第56回「お酒の消費に起きている地殻変動」で「米国では安い米国産米を利用して清酒の現地生産も始めているのだが、日本酒はホットコーヒーのような温度で飲まれる習慣が抜けない。あれは日本酒ではない。文化としての日本酒を広めたいという」と書いた。

 現在でも、びっくりするような高温で飲む習慣は現地産日本酒では続いている。しかし、吟醸酒が日本料理店ばかりか、フランス料理店などでワインに近い存在として出されるようになり、輸出されるものは全く別系統の酒と認識されるに至った。全国の小さな造り酒屋が連帯してつくった日本酒輸出協会などの日本酒文化普及への尽力が、ようやく実を結んできた。

 そこに加わっている「南部美人」のリポート「日本酒輸出協会(SEA)アメリカ、カナダミッション」報告」(2000年)を見よう。「午前中の飛行機でニューヨークに移動して、夕方は昨年イベントを開催して大盛況だったグランドセントラル駅の地下にある有名な『オイスターバー』で食事をしました」「現在では飲み物のリストの中に『SAKE』として南部美人が入っています」「午後9時から2号店のオープンパーティーに参加しました」「一升瓶を得意げに持って歩いてくるニューヨーカーばかりで、あちらでは一升瓶はとてもかっこいい粋なものだと口をそろえて話していました。招待客はなんと300人を越え、その8割が地元ニューヨークのアメリカ人という地元に密着したイベントでした」

 欧州でもこうしたイベントは試みられているが、飲んでもらって喜ばれたとして最大の問題は、どうやって広範囲な客に微妙な温度管理を必要とする吟醸酒を供給するのかである。「海を渡る酒半」(大門酒造)がその答をインターネットに見出したと書いている。「巡り会いは突然やってくる。2000年頃のドットコムブームの中で、ワインのインターネットビジネスを目指すいくつかのベンチャー企業との提携話が生れては消えていった。落ち着くまで少し様子を見ようかと考えていたころ、今の米国側輸入総代理店、『Vine Connections社』を紹介された。サンフランシスコに本社を置くワイン専門の輸入卸売業者で、南米産のワインを扱って急成長しているという」「小さい会社だったが、二人の真摯な姿勢と熱意に感じ入った。はじめから米国での戦略を非日本食のレストランと米国人の一般家庭で飲まれることをターゲットにしているeSakeとしては全米の流通業者へのフットワークが良く、願ったりの相手だ。即刻、提携の握手をした」。「USA-Premium Sake Menu」に米国で売られている商品リストがある。

 ここで一つだけ、私がサイエンスライターを名乗っている分の仕事をしておこう。フルーティな香りを特徴にする吟醸酒とは何なのか。日本酒は麹菌と酵母とふたつの発酵エンジンを持つ珍しい酒で、そのために醸造酒でありながら原酒のアルコール度数は異例に高い。この両エンジンをフル回転で働かせる温度管理が日本酒にとって最適なはずだが、それでは吟醸香は現れない。最適な温度よりかなり低い温度で発酵させると、酵母は逆境に苦しみつつ異常な物質を生み出す。それが吟醸香である。微妙な味わいを楽しむため、高精米で米を4割も削り雑味の発生を極力抑える。日本一の酒どころ、灘五郷の古い蔵には北向きに開いた天窓があった。六甲山から吹き降ろす、寒の「六甲下ろし」を導き入れて、吟醸香が出来る状態を昔の杜氏は作り出した。当時は経験的な手法だったが、現在では温度管理をどうすれば実現できるか、研究は出来ている。タイガースソングにうたわれる六甲下ろしの効用である。

 日本吟醸酒協会が「全国70蔵直営スダンディングバー『吟醸バー 蔵70』」を5月16日から8月5日まで、東京駅八重洲北口1F「キッチンストリート」内で開く。昨年も開催したのだが、目立たない場所で反響は今ひとつだったのだろう。今度は東京駅に打って出る。その分、昨年より単価は上がるが、それでも全国70銘柄の吟醸酒を1杯300円で飲ませる意味は大きい。戦時中の統制が尾を引いて、清酒の流通は地域が限られていた。地元の酒屋に注文しても「そんな遠くの酒は入ってきません」だった。味さえ知ってもらえれば、どんな遠くの顧客にも買ってもらえるインターネット通販時代に、日本酒を普通の商品として再生させる契機になるか、成り行きを見つめたい。
[PR]
by ydando | 2006-05-06 16:59 | 食・健康