◆新ブログに移行します◆Blog vs. Media 時評blog.dandoweb.comへどうぞ ――――――――――― ネットジャーナリズム活性化のために3/9=圧縮音楽の改善2/11=失敗国家と紙消費2/9=「ウェブ通」リンク集
by ydando
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<   2005年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
パフィーの米国ブレイクを解読する [ブログ時評43]
 「ゆるゆる」した雰囲気のJポップ女性デュオ、パフィーの米国アニメが大ヒット、「PUFFY AMI YUMI」として人気爆発と伝えられたのが1年前。特別なファンではないものの、香港、台湾、アジアでの人気を知って以前から気になっていたグループだ。今年は米国でのコンサートツアーも大成功、国民的行事であるニューヨークの感謝祭パレードに招かれたり、日経BP社・日本イノベーター大賞でジャパンクール賞に選ばれ、『文藝春秋』新年号の「世界に輝く日本人20」に登場と、ますます盛んだ。良いニュースが少ない年の瀬、予想外に拡大するブレイクぶりを解読したくなった。

 日本語版以上に詳しい英語版ウィキペディア「Puffy Amiyumi」があり、英語資料へのリンクも豊富。まず、彼女たちの活躍ぶりを動画で確認しておこう。アニメ「Hi Hi Puffy Ami Yumi」を製作している「カートゥンネットワーク」へ行き、「in Cincert」を見よう。曲は「ブギウギNo.5」。米国ティーンに熱狂的に迎えられているライブの舞台が、全く日本のまま、脱力感漂う日本語の歌なのは最初、ちょっと異様に見えた。別のライブシーンも見られ、英語の歌もあるのだが、これは「カタカナ英語」だろう。「日本のままで良い」とCartoon Network側に言われて始まったブレイクであることを確認しよう。それにしても、この二人はほとんどユニゾン、つまり斉唱しかしないのだが、声の相性が良く「1+1」以上の表現力になってしまう。

 ここにはブレークの伏線になったヒットアニメ「TEEN TITANS」のテーマソングビデオも置いてある。彼女たちは「TEEN TITANS」から「Hi Hi Puffy Ami Yumi」で米国内に露出する機会を得て認められた。それは決して宣伝の力ではない。米国のBBSにある「How you got hooked on Puffy's Music? 」で、ニューヨークの「Amifan」が「日本に行ってテレビ番組のビデオテープを買い込み、米国に戻ってからキュートな音楽が2本目の最後にあると気付いた。それがパフィーだった」と書いているように、誰も彼もでなくとも、ある範囲の人たちには発見されて当然の音楽だったのだ。

 2002年に初めて試みた米国ツアーについて「米紙、米国公演のパフィーを酷評」のニュースが共同通信配信で流れ、当時の「斑猫の日記」が面白い記録を残している。「ピント外れた批判だなぁと思ってワシントンポストのWebを調べてみたら」「『米国のロックスターとは全然スタンスが違いワケが解らない。彼女らは米国での成功を望んでいないようにすら思える。実際米国を征服することはないだろうが、ショービズ界を引っかきまわす事にはなるだろう』という感じで、むしろ驚きを持ってパフィーを紹介した記事のように読めたのですが」。つまり、最初の米国ツアーで既に予感はあった。

 全米アニメでトップになり「パフィー 視聴率『全米1位』」(山本通信)が放送プロデューサーのデーブ・スペクター氏の言葉を引用している。「アメリカのティーンエージャーに受けるのもよく分かる。陽気で、ぶっ飛んでいて、ハッピー、それで退廃的な要素もある。音楽もアメリカ人の好きな60年代のようなポップス。日本的ではなく、米国風の作りになっているのがよかったんじゃないかな」

 パフィーの音楽はロックミュージシャン奥田民生が中心になってプロデュースしている。ビートルズやアバなど懐かしいロックをふんだんに「引用」し、ちりばめていて知っている人なら、にやりとしてしまう。ミリオンセラーのデビュー作「アジアの純真」にほれ込んでいた「パフィー『これが私の生きる道』のアナリーゼ(96/11/14掲載)」はこう言う。「この曲を最初聴いた時は前作のインパクトには到底及ばない凡作という印象でした。ところが、間奏のギター・ソロがビートルズの『DAY TRIPPER』のリフの引用だと気づいた途端これはとんでもない曲だと思えてきたのです」「いたるところビートルズの引用だらけです。前作は陽水の言葉遊び、そして今回はビートルズのパロディーと、プロデューサーの奥田民生(元ユニコーン)のセンスには完全に脱帽です」

 米国にいる日本人からの発言も収録しよう。「Happy Thanks Giving」は「パフィーが New York で催された Thanks Giving Parade に日本人として初参加。こちらのテレビでも放映された。鳴り物入りでデビューした松田聖子もウタダヒカルも完全に失敗した米国市場で、あの(けだるそうな)パフィーがしっかりと成功しているさまは、ある意味で痛快でさえある」と、驚きを伝えている。

 この感謝祭パレードに先立って、「PUFFY、外国人記者クラブにて記者会見」があった。由美がこう言っている。「もちろんアメリカに行っても、私たちは、今までやってきたまま、そうじゃないとやっぱりできないし。『急にアメリカだからアメリカ用にキャラクターを変えるっていうこともできませんよ』ということをお伝えしたら、『それは全然そのままでいいですよ』って言ってくださっているので、今アメリカでもできてると思います」

 この「地のまま」路線で、どこまで行けるのだろう。米国BBSを読んでいると日本語歌詞のままで共感している人もかなり多い。言葉は分からなくてもエモーショナルだと言う。もう亡くなった科学部の先輩が、アフリカ人の客を自宅に招いて日本人の歌を片っ端から聞かせたら、美空ひばりの所で止まったそうだ。「意味は分からないが、訴えるものがある」と言われた。ひばりとパフィーを比較するつもりはないが、同様に言葉を超えているものが確かにある。
[PR]
by ydando | 2005-12-24 18:49 | 文化スポーツ
株狂騒の裏に潜んでいた経済中枢の欠陥 [ブログ時評42]
 東京証券取引所1部の時価総額が15年ぶりに500兆円を突破、株価も5年ぶりに1万6千円に迫る水準となった12月、11月にあった長時間システムダウンに続く欠陥が東証システムにあることが、みずほ証券の大量誤注文で露呈した。ネット経由で個人投資家が大量参入した株式相場は狂騒模様を呈し、ニューヨーク、ロンドンと並ぶ世界三大証券取引所のはずが、システム的には国際水準にはない恐れが強まっている。みずほ証券はもちろん、東証の運営能力、システム構築をした富士通の技術力いずれにも疑問符が付いた。

 みずほ証券が新規上場株ジェイコムを「1円で61万株」売り注文した行動もさることながら、東証の行動は株式市場の管理者として怠慢ではないか。「ジェイコム 東証問題 続き」(小幡績PhDの行動ファイナンス投資日記)は強く疑問を投げる。「間違いなく市場を混乱に陥れる発注ミスは、発注側の責任だから、しかりつけ、対応は任せる。自社で提供している社会インフラのシステムの中身は、富士通にやらせているから、自分では当然分からない。富士通に調べさせる。市場を混乱に陥れてしまった事後処理の解決策にはタッチしない」「東証は自己の提供しているインフラ、サービスの中身を理解していないばかりでなく、問題が起きているかどうかの判断も出来ないし、自分で調べる気もなく」「サービスに対する責任感が全くない。東証の存在意義は何なのか」

 外国人から見ても不可解な運営だった。「ジェイコム株誤発注-東証の対応」(保守思想 Conservatism)は言う。「取引所は常に個々の取引についての監視を行っている。インサイダー取引や市場操作を行っている事実を何時も探している。だから、今回誤発注が行われた直後、問題の把握は取引所として認識していたはずだ。発行数」「以上の空売りが行われたのなら、すぐ問題取引だとわかるはずだ」「海外の取引所なら、1時間以内にこの株の取引は中止され、この株に関するすべての取引が無効と発表されただろう。後日、また再上場をスケジュールしただろう。なぜ、東証がそのような行動にでなかったのだろう?取引は一日続いた…」「取引所の運営できちんと問題が発生した時に対応してもらわなければ資本主義の要である株式取引の効果が半減してしまう」

 みずほ証券の損失は400億円に上ったが、東証システムの欠陥で注文取り消しが出来なかったことが判明、東証も損害を負担しなければならなくなる。さらにシステムを作った富士通にも責任が言われ始めている。報道されている仕組みは、値幅制限を超えるような安値注文が来たときは値幅制限ぎりぎりのストップ安にする「みなし処理」が発動され、新規上場株に限っては注文の取り消しを受け付けなくなる。こうした希なケースまで想定してシステムのバグ潰しが行われているかが問題だ。

 「またも東証のトラブル、改めて考えねばならない『要件定義は誰の仕事か?』」(東葛人的視点)は「要件定義書やシステム仕様書に記述がなければ、富士通が今回のようなエラーを処理するコードを書かなくても、法律上のロジックでは富士通には全く責任はない。たとえ富士通のSEがシステム仕様書を作成したとしても、ユーザーである東証が正式な手順でOKを出しているなら、東証が“提示”したシステム仕様書通りに、富士通がシステムを作っている限り、富士通には賠償責任は発生しない」と指摘する。つまり、仕様を決める東証に決定権がある。問題発生からの東証の行動を観察すれば、ここまで考えていない可能性が高いのではないか。

 しかし、新たに11月の長時間ストップについて問題点が指摘されており、富士通は東証は共に巨大テクノロジーを扱うセンスを疑われる事態になっている。事後検証をした「東証ダウン、運用体制の不備が根本原因」(IT Pro)は緊急時の対応手順も決めずに、いきなり本番機でプログラムを修整した点を取り上げて批判する。「バグを発見した際、富士通が開発機で本来の手続きを踏み、テスト作業を経た後、TCSが決められた手順で移行ライブラリに登録していれば、エイリアス設定手順の漏れに気づき、障害を未然に防げた可能性が高い。しかし、富士通が本番機で作業してしまったため、気づく機会を失ったのである」。この本番機での修整は東証が認めていた。

 単にコンピューターシステムの問題に止まらず、人的な問題も含めて、この国の経済運営の中枢に欠陥があったと言わざるを得ない。「みずほ証券誤発注問題を考える」(Aim High News Review)の主張は正しいと考える。「必要な手順を愚直に踏むことが、システム構築の王道であることは間違いありません」「当たり前のことを当たり前にやっていいものを作るのがプロの仕事というものです。こうした考えが欠落してしまったために、構造計算書の偽装問題は発生したのであり、その意味では両者の問題は同根のものであるとすらいえるでしょう。必要な工数は決して省略してはならず、請け負う業者はそのために必要なコストを請求する『勇気』を持たねばなりません」。愚直に仕事をする責任は、システムを発注し、運営する東証側も同じであることを強調したい。
[PR]
by ydando | 2005-12-13 21:43 | 政治・経済
双方向交流へ本格的な取り組み開始 [ブログ時評41]
 マスメディアと受け手の市民の間で望まれていた双方向交流に、ブログで本格的に取り組む新聞社が出てきた。既に神奈川新聞の「カナロコ」があるではないか――と言われそうだが、残念ながらカナロコはネットで評判になったほどには成果を挙げていない。素人記者のブログには反応があったが、新聞本体のニュースへのコメントはほとんどなく、メディアと市民の交流になっていない。新たに取り組んでいるのが毎日新聞の「まいまいクラブ」と中国新聞の「ふれあい」である。スタートは中国新聞の方が少し早い。どちらも読むのは自由だがコメントを書き込むには、住所や氏名など登録が必要になっている。トラックバックは受け付けない。

 中国新聞のブログは3タイプで出来ている。討論の広場「わいわい討論」は当初「広島東洋カープの再建策」をテーマに話し合い、そこで上がった声を5回にわたって新聞紙面に特集するところまで進めている。次のテーマは女児殺害事件を受けて「子ども、まちの安全」とサッカーの「今季のサンフレどうだった?」になった。編集委員と記者2人の計3人が担当、「ふれあい@編集部のブログ」など随所で読者と対話が成立している。「中国新聞のブログ『ふれあい』」(D4DRナレッジオピニオン)が「いままで紹介してきた時事通信社、フジサンケイビジネスはどちらかというと記者という『専門家』のブログ(つまり、読み物ということです)に重みがあったのですが、『対話』という試みも同時に新聞社で進んでいくのでしょう」と紹介している。

 毎日新聞には紙面の売り物であるコラム「記者の目」を生かした「記者の目・読者の目」や、時事トピックスにテーマを取る「ニュースに一言」などのコーナーがある。「耐震データ偽造問題 どう見ますか?」が話題性があって最もにぎやかだ。ホスト役が女性記者一人で、あまりレスポンスを返していないが、読者側の参加者が増えてきたので、読者同士の対話が成り立ってきた。「投稿に購入者の責任を問うものがありますが、それは酷であるし、少なくとも日本ではほぼ確立されている筈の信頼関係が完全に瓦解することになると思います。物を購入する度に、その信頼性を一々確認している人がどれだけいるでしょうか。例えば、車、テレビ、冷蔵庫、自転車。どれだけ安全性、信頼性を検討、確認するでしょうか」(火の車)などである。記者側が少しでよいから司会役に割って入れば、立派な討論に発展するのに、もったいない。

 「はじめの一歩を踏み出すということに、どれだけのエネルギーが必要かはよくわかるので、感嘆と賞賛の念を禁じえない」と理解しつつも、批判的な意見がある。「まいまいクラブ」でのコメント投稿システムに問題ありと「毎日新聞が双方向性の実験を開始した模様」(坂本の雑感・ひとりごと)が指摘している。「コメントが承認制になっている。っていうかこれ検閲じゃん。と思ってしまう」。「承認はどのようなプロセスで行われているか?承認する判断の基準は何か?」などを明示していないことを批判している。登録した上でコメントを投げて、さらに不透明な承認を待つのではブロガー一般の感覚と合わない。全国紙で初の試みにして、今ひとつ盛り上がっていない理由はここにあるのだろう。

 こうした双方向の試みが進んでいた11月に、マスコミのありようを考えさせる、思わぬ事件があった。読売ウイークリー編集部のブログで1989年の宮崎勤・幼女連続殺人事件で宮崎被告の部屋へ最初に入った読売新聞記者が「新証言」をした。6000点ともいう「おそらく、あの部屋の映像を覚えておられる方は、あのビデオはみんな、アダルトとか盗撮とかロリータとかそんな類のものだと思っているのではないでしょうか。実は違うのです」とし、ビデオも雑誌もほとんどが普通のものだったとした。「その中に『若奥様の生下着』という漫画が1冊ありました。ある民放のカメラクルーがそれを抜き取って、一番上に重ねて撮影したのです。それで、あの雑誌の山が全部、さらにビデオもほとんどがそういう類のものだという、誤ったイメージが流れてしまったのです」。さらに「犯した犯罪からすれば、そのくらいは誤解されても仕方がないかもしれません」とコメントしたのである。

 当然のことながら読んだブロガーから反発を呼び、結局、このブログ記事は削除され、トラックバックの受付も停止になった。上の引用も、Googleの一時記録から復活したものを「事件報道のリソースに『恣意的な映像』を加えていたマスコミ、それを黙認するマスコミ」が掲示しており、そこから採った。しかし、こんな良い、生きた教材は無い。当時、何があったか、どうしてそんな「やらせ」を見過ごしたのか、読者と一緒に検証すれば恣意的な報道を防ぐための貴重な指針が得られる。読売ウイークリー編集部は何のためにブログを開設して、話題を提供したのか。逃げている時ではないだろう。ここでこそ本当の「双方向」が欲しかった。
[PR]
by ydando | 2005-12-08 19:35 | ジャーナリズム