◆新ブログに移行します◆Blog vs. Media 時評blog.dandoweb.comへどうぞ ――――――――――― ネットジャーナリズム活性化のために3/9=圧縮音楽の改善2/11=失敗国家と紙消費2/9=「ウェブ通」リンク集
by ydando
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<   2005年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ドイツ総選挙と比べながら考えた [ブログ時評34]
 日本の総選挙に続いて投開票されたドイツ総選挙は野党のキリスト教民主・社会同盟が予想外に伸びず得票率35.2%で225議席を獲得、与党社会民主党の34.3%、222議席に3議席差を付けただけの接戦になった。選挙前に想定していた「キ同盟+自由民主党」「社民党+90年連合・緑の党」いずれの連立の組み合わせでも政権が出来ず、候補者死亡で10月2日に残したドレスデン選挙区の成り行きを見ながら、二大政党大連立を含め駆け引きが続いている。

 日本と同様に「改革」がテーマでありながら、日本の自民党の大勝利とドイツのキ同盟の勝利とも言えない「辛勝」は、いずれも世界を驚かせた。「民意を歪めてまで安定政権をつくるのか」(Cityscape Blog)がまとめているように、日本では自民党が得票率38.18%で296議席なのに、民主党が31.02%あって113議席しか獲得できなかった。「ドイツの選挙制度は小選挙区比例代表併用制で、日本の小選挙区比例代表並立制と名前が似ているが、全く違う制度」「小選挙区中心の日本の並立制とは違い、比例代表中心の制度といえる」。つまり、制度の違いで自民圧勝になった。

 ブログ上では、では日本がドイツだったら結果はどう違ってくるのか、シミュレーションをしているサイトが散見される。違う国の制度を当てはめるのだから、前提の置き方によって色々と変わるので、私なりの計算をしてみようと思い立った。大阪市立大の「概説:現在ドイツの政治 野田昌吾(法学研究科)第八講 ドイツの選挙と政党」を参考にした。

 ドイツでも日本のように有権者一人で2票を入れる。「第1票は小選挙区の候補者に、第2票は各州単位でつくられた政党の候補者名簿に対して」である。連邦議会の定数は598で、その半分が小選挙区から、残り半分が政党候補者名簿から選出される。日本と違うのは、各政党の獲得議席の大枠は第2票による比例代表選挙で決まってしまい、16ある州別に議席は算出される。日本の「ドント方式」ではなく「ヘア・ニーマイアー方式」で、これは議席数を計算して整数部分で足りない分を補充するのに、小数点以下が大きい党から順に繰り入れる仕組み。ただし、小選挙区の当選者を最初に「当選」と認定する約束なので、州別に比例配分した議席数よりも多くの小選挙区当選者を持つ党が出てくる。「超過議席」と呼ばれ、この当選も有効になるから、選挙が終わってみると議会定数以上の当選者が出ることになる。

 また、小党乱立を防ぐ趣旨で、比例選挙では5%以上の得票率がある政党か、小選挙区で3つ以上の議席を獲得しないと比例配分は受けられない。今回、日本の総選挙では自民党を追われた郵政法案反対派は国民新党と新党日本、それに無所属に分かれて戦ったが、ドイツ式の選挙を戦うなら「反郵政党」とでも呼ぶべき党を立ち上げていたはずだ。国民新党と新党日本の得票率は十分でないが、「小選挙区で3つ以上勝つ」条件はクリアーしているので、この新党を仮想したい。実際は田中真紀子氏のような異質部分も含むが国民新党と新党日本、無所属を一つにして計算する。鈴木宗男氏の「大地」は5%以上の得票率にも、小選挙区の当選にも該当しないから除外する。

 こうして日本の総選挙結果を小選挙区と比例区の数はそのままに計算する。比例代表の計算では「自民184、民主148、公明65、共産37、社民27、反郵政19」の合計480になる。しかし、自民党が北海道をのぞく10州で、反郵政党が九州で比例配分数より勝ちすぎていて、以下の通り超過議席を得る。

   ◆ドイツ式に計算した総選挙の議席数◆
     自民 民主 公明 共産 社民 反郵政 合計
 北海道  7   8   2  2   1   0  20
 東北  17   13   5  2   3   2  42
 北関東 27   16   7  4   2   3  59
 南関東 28   16   7  4   3   2  60
 東京  23   12   5  4   2   2  48
 北陸信越13   10   3  2   2   2  32
 東海  21   19   7  3   2   2  54
 近畿  34   22   12  8   4   3  83
 中国  16   9   5  2   2   2  36
 四国  11   6   3  2   1   1  24
 九州  25   17   9  4   5   8  68
 合計  222  148   65  37   27   27  526

 結果として自民党が単独過半数を占めることなど出来ず、過半数263に対して自公連立が287で成立するだけだ。「勝ちすぎ自民党」をドイツに持っていけばこの程度の勝利でしかない。逆に得票率13.25%で31議席しかない公明、7.25%で9議席の共産、5.49%で7議席の社民党がかなり大きな存在に変わる。ドイツでは連立交渉で苦労しているのがよく理解できる。

 自民単独過半数を見て「連立解消だ」と喜んだ人がブログでかなり見られたが、選挙の現場を見ている私たちから観察すれば、自公とも、もはや単独で選挙を戦えなくなるほど自公複合体は完全になった。ばらばらになれば直ちに民主に敗れるだろう。ドイツではどうだろう。緑の党が5%の壁を破るために連立を組む社民党支持者が応援することがあったし、逆に社民党に超過議席を一つでも多く取らせて連立を安泰にするために緑の党側が小選挙区を応援することもあったという。このあたり何か似ている。

 今回ドイツ総選挙では5番目の党「左派党」が全国政党として登場した。東ドイツの旧共産党系に社民党の一部が合流した。緑の党を超える得票率8.7%54議席の第4党として社民党の左に出た。二大政党が改革を競う状況に不安を覚える層を吸収したと見られ、従来型の連立工作を難しくした。日本の実情を考えると、この動きも無縁ではない。「ほっとけない 世界有数のこの格差社会を」(tamyレポート)は平均的な所得の半分以下しかない貧困層がどれだけいるかを示す貧困率がOECD加盟27国中、日本が15.3%と5位で、欧州諸国より突出していると指摘する。「1億総中流」など昔のこと、米国型格差社会に急接近しているのだ。小泉政権に委ねられた改革の中身がどうなるのか、吟味を怠らないようにしなければならない。
[PR]
by ydando | 2005-09-25 15:45 | 政治・経済
再生の困難に船出する前原・民主党へ [ブログ時評33]
 歴史的な総選挙大敗をしたからといって時は待ってくれない。国会の召集が迫る中で、民主党は43歳の新代表、前原誠司氏を2票差の接戦で選出した。代表選を争った菅氏が受けてくれなかったので鳩山由紀夫元代表(58)を幹事長に、若手グループの野田佳彦氏(48)を国会対策委員長に、松本剛明氏(46)を政策面の取り回し役、政調会長にする布陣が発表された。もう一人のキーパーソン小沢一郎氏には代表代行を要請するという。前原氏が本当は何者か、まだ私にも、また読者の皆さんにも分かっていないことを前提に、民主党の今後を考えたい。

 旧社会党系と旧民社党系のグループに声が掛からなかった点が、今回の人事を象徴している。「前原民主党、新体制の骨格」(sissyboy)が指摘する三大特徴「旧党派色に対する配慮を排除した」「保守二大政党を目指す姿勢を鮮明にした」「代表トップダウン型の政策形成を目指した体制」は多くの方が首肯すると思う。

 総選挙の敗北要因として、支援する労組との関係を「既得権擁護」と小泉自民党から突かれた。「前原誠司の基本姿勢」で「労働組合、各種業界との関係などについて、既得権擁護的議論は根絶する」と主張したことを実行したのだろう。「地域で頑張っている仲間と歩き、直接に国民の喜び、悲しみ、楽しみ、怒りを実感するのが真の政治家」と言っているのだから、「05年9月:民主党再建の方向性」(YamaguchiJiro.com)の「問題は、労働組合という組織と働く市民とがずれているという点にある。これは第一点とも関係するが、連合を構成する大労組に所属する労働者は、比較的恵まれた層であり、既得権も持っている。そうした労組の組織率は低下する一方で、不安定な非正規雇用が急増している。そして、そのことが国民年金や国民健康保険などの社会保障制度の土台を揺るがしている」との指摘にも留意してもらいたい。

 森前首相は選挙後に「候補者の皆さんには自分の力で当選したなどと思わないで欲しい。自民党には、地域に商工会議所など一生懸命働いてくれた組織があるのだから」と、例のマドンナたちに苦言を呈した。あちらも既得権益どっぷりの手足を殺ぎ落とす番になっているとは言え、自民と違う、拠って立つ足場をどう構築するのか。

 「前原民主党の厳しい前途」(使者の世迷い言)は辛らつに言っている。「しかし、労組に代わって安定的な支持層を作れるのかというと疑問である。民主党は今まで一般有権者に対して自分たちのための政党だ、と思わせるような努力、いい方を変えればファンの獲得する努力をした形跡が無い。いつも自民の失態と、気紛れな無党派層に頼った選挙しかしてないのだ。これを何とかしない限り、旧社会党のような万年野党に堕してしまうだろう」

 とは言え、若さ、清新さへの期待がブログのあちこちから読み取れるのも事実だ。「期待感を持たせる民主党の前原新代表」(阿木雅芳の「春夏秋冬」)の「18日朝のテレビの報道番組を次々とハシゴして前原氏の発言を聞いて『この人が党のトップなら4年後には民主党政権が実現するかもしれない」と思わせた。清新な印象だ。発言内容も一本、筋が通っている。『民主党が、労働組合から支持を受けているからといって、労働組合のいいなりにはならない』ときっぱり言い切ったところがいい」などである。

 40代で英国・労働党を再生したブレア首相や、同じ43歳で大統領になったジョン・F・ケネディを持ち出す人もいる。一方、自衛権をめぐる憲法改正問題への危惧など不安に感じる方も多い。しかし、私は、小泉チルドレンに働きぶりを見る猶予を与えるのと同様に、しばらくは前原・民主党も見守るのが筋だと考える。とてつもない困難が待っている。代表の任期切れは1年後だ。小沢一郎氏は2年後の参院選をにらんで局外に出た。この1年間、苦労する前原氏とどちらが有利か。政治のドラマとして、これも注目である。
[PR]
by ydando | 2005-09-19 02:25 | 政治・経済
勝った以上は『改革の党』にさせよう
 衆院解散からあまり休めず、投開票日は2時間仮眠のほぼ徹夜、今日は思い切り寝ていました。ネット上では新聞社内の話をしない原則にしていますが、今回、私が見たこと、考えたことを説明するために出来る範囲で緩和します。

 新聞社には世論調査部というセクションがあります。ふだんなら一般的な世論調査もありますが、選挙の際には「情勢調査」、つまりどの党、どの候補者が、強いのか、弱いのか、選挙情勢を世論調査データをベースに過去に蓄積した統計データを駆使して評価する仕事をします。公選法で人気投票は禁止されていますし、生の支持率が実際の得票状況を反映しないことも広く知られていることです。各メディアの情勢調査が公表されれば、それを見た有権者が投票行動を変える可能性もあります。いわゆるアナウンス効果です。しかしながら、その効果まで織り込んで、「まだされていない投票結果を予測してしまうのが情勢調査である」との建前になっています。

 数日先に選挙で延期していた異動があり、それまでは「世論調査部兼務」になっていて、今回総選挙でもこれが大きな仕事でした。投開票日の1週間くらい前に出た情勢報道を覚えていらっしゃる方も多いでしょう。「自民優位、民主劣勢」は共通していても、当選者数の予想は多くは外れでしたね。無理も無いことなのです。長年蓄積されてきたデータと違う行動を、有権者が採ってしまったからです。

 何が一番違うか、それは有権者一人一人が自分なりに考えて行動したことでしょう。情勢調査のための世論調査を実施すると、選挙期間中、ある時点の有権者の意識模様が選挙区ごとに切り出されます。これが投票日までほぼ保存されるとの前提で、これから起きることを推定します。その選挙区の雰囲気のようなものが出来ていて、有権者の行動はそれに影響されていくのです。詳しく説明することは社外秘に触れるので出来ませんが、今回の総選挙ではこの前提そのものが崩壊しました。意識模様がどんどん変化し、投票日に向かってダイナミックに自民優位に変化していくことを生データから読み取ったときは、本当に愕然としました。自民300議席もと直感しました。

 調査時点から後で投票先を決める人が自分で考えてみると、小泉首相が言っていることの方が、民主党の主張より、はるかに意味がある――これに尽きるでしょう。今日の読売新聞朝刊「有識者に聞く 衆院選座談会」(注:これもよくある、ネット上には公開されない新聞のコンテンツのひとつです)宮沢喜一元首相がこう言っています。「小泉さんは、演出、演技を徹頭徹尾よくやった。郵政民営化という、大して重大と思えない問題を『(焦点を絞った)シングル・イシュー』にして国民投票のようなことをやった。自分の政治に対する考え方に従って思った通りにやってみたということでしょう」。これに応えて渡辺正太郎氏は「有権者に『これは本当かもしれない。これなら政治決定に参画しよう』と思わせた」「今まで政治にそれほど影響力がない、あるいは無関心だった人を政治の舞台に引き連れてきた。これから2年ぐらいは政治の季節になるのではないか」と指摘しています。

 従来の自民党選挙ならあり得なかった、地元と無縁の公募した落下傘候補が各地で、1ヶ月ほどの運動なのに地付きの民主候補を撃破してしまいました。こうして自民党衆院議員296人中、最大「派閥」になった無派閥88人の多くが「小泉チルドレン」でできています。「改革の党」として勝った以上は、この人たちにまずは気持ちよく働かせるべきです。年次を無視して閣僚になる人も出そうです。「次の総選挙までたっぷり4年ある」と言う方もいますが、再来年夏の参院選だって小選挙区同然です。民意の動かし方を知った有権者が失望して逆に動けば、底なしの大敗だってあります。それに今回の選挙での動き、今後求められる改革は、自民党の従来型支持基盤を壊す方向にあるのは明白です。小泉後継とも目される方たちが超大勝に慄然としているのは当たり前のことなのです。
[PR]
by ydando | 2005-09-13 23:39 | 政治・経済
『世界』10月号も"小泉郵政解散賛否まとめ"→携帯で読める
 岩波書店総合誌『世界』への今月の転載は、皆さんから好評をいただいた「小泉郵政解散へ賛成論と反対論まとめ」にしました。ただし、見開き2ページに収まる分量ではなかったので、3分の1圧縮版を作成しました。すると、たまたまiモード携帯電話のページ限度「5KB」にぴったりだったので、私の携帯電話版サイトにも載せました。これなら数分で読めます。携帯でも既に500人以上の方に読んでもらっています。

 ずっと総選挙取材を継続していて、今回ほど有権者の皆さんが自分で考えている選挙は無い、と思っています。そして、衆院解散から後でそれほど議論は深まっていない観がありますから、「小泉郵政解散へ賛成論と反対論まとめ」は考える材料としてまだ十分使えます。明日の投票を控えて、もし、手短にと言われる方があれば、私の携帯サイトをご紹介いただければと思います。
[PR]
by ydando | 2005-09-10 16:14 | 政治・経済