◆新ブログに移行します◆Blog vs. Media 時評blog.dandoweb.comへどうぞ ――――――――――― ネットジャーナリズム活性化のために3/9=圧縮音楽の改善2/11=失敗国家と紙消費2/9=「ウェブ通」リンク集
by ydando
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
敢えて一石を投じてみた理由
 16日の「専業農家の救出を急がねば稲作は崩壊 [ブログ時評87]」に色々な問題意識のコメントをいただきました。年末の忙しい時期にこんなエントリーを書いた理由も入れて、こちらからもコメントします。

 inoue0さんの議論はちょっと乱暴ですね。「経営が破綻したなら、田畑売ればいい」――農地法の規制があって売ろうにも売れないのが実情です。専業農家を追い込んでいる窮地は、自己責任で完結する企業経営者とは次元が違います。「集落どころか、農業そのものを畳むべき時が来たんです」とは、やはり思えません。輸入すれば買える私たちの時代はともかく、日本の次代が生きていく上で稲作を残すことはどうしても必要です。

 「図録・中国の食料消費対世界シェアの推移」で中国の膨張する「世界の胃袋ぶり」を見てください。世界消費シェアが豚肉56%、野菜48%ですよ。中国の人口は間もなく停滞に入りますが、後を追うインドは人口の抑制は効かず、経済発展によって同様に、あるいはそれ以上に大量の食糧を呑み込むようになるでしょう。

 東北の農家の長男さんは、山下一仁氏の「発想はうまくいくとは到底思えない、というのが実感です」と書かれています。兼業農家は損を承知で作っていること、なかなか農地を手放そうとしないことはもちろん知っています。山下案が全能の特効薬とは思っていませんが、今、実務的に進んでいる政策見直しには全く未来が無いのです。今日の読売新聞経済面「08税・予算」の見出しは「政府『大農家優先』見直し 与党の全般支援要望強まり」です。『大農家優先』とは「大企業優先」とダブる表現ですね。実態はどうか、読まれた通りです。農水省を担当している記者には私の問題意識は無いのです。敢えて書いておく必要を感じた由縁です。

 これまでに書いた記事、1997年の第21回「コメ作りの破局を見ないために」や2000年の第91回「無策コメ農政が専業農家を壊滅へ」 などで何度も警鐘を鳴らしてきたつもりですが、2007年暮れの段階でこれほど深刻になるとは予想していませんでした。第91回の文中に「世帯員1人当たりの家計費比較がある。勤労世帯を『100』とすると、95年の時点で、農業外の収入に主に依存している第2種兼業農家は『135.8』もあるのに、専業農家は『91.6』しかない」と書いているように、早くから見えていた専業農家の窮地です。
[PR]
by ydando | 2007-12-18 16:54 | 政治・経済
<< 高次救命救急にヒマは必要不可欠... 専業農家の救出を急がねば稲作は... >>