◆新ブログに移行します◆Blog vs. Media 時評blog.dandoweb.comへどうぞ ――――――――――― ネットジャーナリズム活性化のために3/9=圧縮音楽の改善2/11=失敗国家と紙消費2/9=「ウェブ通」リンク集
by ydando
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
毎日新聞がオーマイニュースと同じでは
 元旦1面から打ち出した「ネット君臨」を読んで「筋の悪さ」に驚き、呆れてしまいました。前年の労働「新底辺」モノとは大違いです。冒頭で取り上げられた「死ぬ死ぬ詐欺」は「被害者」からの聞き取りだけで検証の姿勢がありません。毎日新聞がオーマイニュースと同じ、思いこみレベルの記事を書いていることになります。プロが取材班まで作って、朝刊1面から3面まで潰して展開するのですから、有無を言わせぬ「事実」で構成して欲しかったと思います。

 「死ぬ死ぬ詐欺」の件については、2ちゃんねらーが掲示板で騒いでいますが、そこまで見に行かなくても上のリンク「まいまいクラブ」のページにはコメント欄があり、反論が山のように来ています。取材された「がんだるふ」氏名の抗議もあります。取材班側から本格的な反論・回答はまだのようです。

 思い出せば、毎日新聞がオーマイニュース開設直前に「嫌韓流」で攻撃されているという趣旨の記事を書いた際にも、私には違和感がありました。いきなり取材に来るとそう見えるのかも知れませんが、冷静にウオッチしている側から見れば、読者の問いかけに答えようともしない編集部の「傲慢さ」が大きな原因になっていたのです。認識のずれは大きいままです。

 ブログでも色々な声が出ていますが、毎日新聞へ好意的なものは少な目に見えます。例えば、いつも穏当な議論をしている「あざらしサラダ」さんが「▼ネット君臨ねえ」で「記事の大部分はありきたりな2ch批判の枠内に留まっており、インタビューで答えていた『がんだるふ』氏や『ひろゆき』氏とは考えが異なる私が読んでも、自分たちがこれまで握ってきた情報コントロールが失われつつあるマスコミの危機感しか伝わってこなかった」と指摘しているのは当然でしょう。

【関連】大型市民記者メディアは無理と決した [ブログ時評65]
[PR]
by ydando | 2007-01-02 17:11 | ジャーナリズム
<< WiiとPS3:ゲーム機因縁対... 今年の日本映画はやっぱり『フラ... >>