◆新ブログに移行します◆Blog vs. Media 時評blog.dandoweb.comへどうぞ ――――――――――― ネットジャーナリズム活性化のために3/9=圧縮音楽の改善2/11=失敗国家と紙消費2/9=「ウェブ通」リンク集
by ydando
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今年の日本映画はやっぱり『フラガール』
 第19回日刊スポーツ映画大賞『フラガール』が作品賞、主演女優賞、助演女優賞、新人賞の4冠を得ました。日本アカデミー賞でも10部門で優秀賞を受け、映画の賞レースはこれから続きますが、今年の日本映画では、やっぱりこれが最高でしょう。

 李相日監督のインタビュー記事にも出てくるように、結果が分かっている話で、あれだけ魅せてくれた松雪泰子・富司純子・蒼井優の女優陣、監督の力に脱帽です。テレビ局がかんだ妙な商業主義が無かったのも清々しかったと思います。
[PR]
by ydando | 2006-12-30 00:21 | 文化スポーツ
<< 毎日新聞がオーマイニュースと同じでは 奈良の転送妊婦死亡の病院が産科停止へ >>