◆新ブログに移行します◆Blog vs. Media 時評blog.dandoweb.comへどうぞ ――――――――――― ネットジャーナリズム活性化のために3/9=圧縮音楽の改善2/11=失敗国家と紙消費2/9=「ウェブ通」リンク集
by ydando
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
八重洲北口へ気軽に吟醸酒を飲みに
 先日の吟醸酒隆盛で日本酒に新時代が来るか [ブログ時評55]で紹介した「全国70蔵直営スダンディングバー『吟醸バー 蔵70』」に行ってきました。8月5日まで開いています。定休は日・月曜日で、開店17:00~21:00。

 まず1000円で1100円分のチケットを買って注文します。小グラスに3種の吟醸酒をセットした利き酒セット(600円)をA、B2セット、さらに1杯300円をひとつ、酒造会社が持ち寄った郷土おつまみセット500円に、チェイサーとして酒造水ボトル100円で、100円分あまりましたから、また行くことにします。

 立ち飲みなので、ゆったりとは出来ませんが、全く知らない酒の味を知るのは楽しい。たくさん飲まないのが、かえって良いと思います。吟醸酒の場合は全く同じ味には出来ないので、知っている銘柄でも微妙に味は異なります。場所は東京駅八重洲北口にある1階食堂街の中でも北の方です。店の人によると、半数の客はこのイベントがあることを知らないで来た、通りすがりの方だといいます。1000円ちょうどで、利き酒セットとおつまみセットだけ。さっと切り上げるのも、いいでしょう。
[PR]
by ydando | 2006-06-08 18:38 | 食・健康
<< 市民ジャーナリズム実験例として... 本物の投資家に至らず村上ファン... >>