◆新ブログに移行します◆Blog vs. Media 時評blog.dandoweb.comへどうぞ ――――――――――― ネットジャーナリズム活性化のために3/9=圧縮音楽の改善2/11=失敗国家と紙消費2/9=「ウェブ通」リンク集
by ydando
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
結局、落ち着くところに落ち着いたWBC日本4強
 WBC(ワールド・ベースボール・クラッシック)で奇跡が起きて、韓国に敗れた昨日は99%なくなったと思われていた日本チームの準決勝進出がなりました。メキシコが米国に2-1で競り勝ったためです。望みがなくなったメキシコが頑張るはずはないと思っていたけど、「準決勝進出の条件」(長かったり素晴らしかったり憂鬱だったりする一日 )で「可能性が完全に消えたと思われていたメキシコも、延長13回、3-0勝利という条件で、可能性がわずかに残っているようです」とあるのを見て納得しました。

 それにしても、本来、米国にはタッチアップの誤審が無ければ勝っていたのだから、4強進出は落ち着くところに落ち着いた形です。メキシコ・米国戦では、日本戦と同じ誤審アンパイアが、メキシコのライトポール直撃の本塁打を二塁打と判定しました。この大会は公正さに疑問ありと申し上げたい。日本の問い合わせへの回答も、米国監督から抗議される前に自主的に判定を覆そうと思っていたと木で鼻をくくったようなものでした。もしそうであっても、審判団が集まって協議するのが当然の手順なのです。
[PR]
by ydando | 2006-03-17 14:45 | 文化スポーツ
<< 日本野球のDNAが堅守キューバ... ウィニー対策で政府が使用中止呼... >>