◆新ブログに移行します◆Blog vs. Media 時評blog.dandoweb.comへどうぞ ――――――――――― ネットジャーナリズム活性化のために3/9=圧縮音楽の改善2/11=失敗国家と紙消費2/9=「ウェブ通」リンク集
by ydando
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
夏までに日本版オーマイニュース立ち上げ
 韓国で成功したオーマイニュースが「日本版」を計画中と言われてから久しく、もう消えたのかと思っていたら、ソフトバンクが資金援助して8月までに「オーマイニュースが日本進出」とアナウンスされました。事前にオー・ヨンホ社長と会っている時事通信・湯川さんから「日本版オーマイニュースの狙いは打倒権威主義」のような情報も流れています。

 韓国では4万人以上の市民記者を集めて、既存メディアに負けぬ影響力を得ています。日本でもそれ以上の数の市民記者を集めたいそう。ネット上の反応をいくつか見ると、湯川さんも含め、否定的なものの方が多いかも。玄人っぽい検討をしている「日本版オーマイ・ニュースは成功するか」(元整理記者の雑記帳)を一例に挙げましょう。

 ソフトバンクの資金は総額13億円で、半分弱は映像ニュースサービスと英語版オーマイニュースの強化に使われ、残り7億円近くが日本版に投下されて、捨て金とは言えない大きさです。ソフトバンク=ヤフーであり、ヤフーがポータルサイトだけの存在から、やはりマスメディアになりたいのか、気になるところ。日本版オーマイニュースが成功すれば可能性大ですが、見通しが全くつかない現時点では「封印」された意図なのだと考えています。

 日本における、いわゆるシビック・ジャーナリズムの現状と課題は「市民記者サイトは高い敷居を持つべし [ブログ時評30]」でまとめた通りです。本格的に動き出した「ツカサネット新聞」にもがっかりでしたし、ライブドアPJなど編集部の質の悪さから市民ジャーナリズムにとって害毒の方が大きい存在です。しかし、この形式はまだ日本では可能性を試されたとは言えないと思います。本格的な編集部を持って引っ張り、サポートした結果を、我々は見ていないのです。数万人規模の目と耳と有機的に結合する編集部をいかに造るかが、最大の難関です。

 この夏という時点を考えると、既存メディア側にも市民ジャーナリズムと結ぶ色々な動きが大きくなっているかも知れません。

 【関連】「ライブドアPJに忠告し忘れた欠陥 [ブログ時評10]」
[PR]
by ydando | 2006-02-24 02:08 | ジャーナリズム
<< 荒川選手取材に見えたメディアの... 預言者風刺画騒ぎと靖国参拝への... >>