◆新ブログに移行します◆Blog vs. Media 時評blog.dandoweb.comへどうぞ ――――――――――― ネットジャーナリズム活性化のために3/9=圧縮音楽の改善2/11=失敗国家と紙消費2/9=「ウェブ通」リンク集
by ydando
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
GMが1兆円弱の巨額赤字/ハマスの評議会選挙圧勝
 親サイトにある「英語版」は米ゼネラル・モータース(GM)に問題があるとアクセスが増える傾向にあり、数日前から気になっていたら案の定、2005年通期で9900億円の赤字が発表されました。赤字は13年ぶりで、過去5年分の黒字を吹き飛ばすほど巨額です。米国市場での劣勢は進むばかり。シェアは1.3ポイント減の25.9%と過去最低、10-12月期だけなら23.8%ですから、後はつるべ落としでしょう。今年のGM新車は相も変わらず大型車中心です。ホンダがこれまで遠慮していた小型車フィットを米国市場に本格的に投入するなど、原油高を背景にした小型車化が急速に進むでしょうから、GMはもっともっと苦戦せざるを得なくなります。
 「GM、赤字1兆円の衝撃! 」が言っているように苦し紛れで自殺行為に走った面があります。「販売増加のための社員価格販売が首を絞めたといわれる。総額50万円引きが当たり前の世界では、赤字はとめどなく増加する。といって、これをダンピング止めると販売不振に陥る。安く売って赤字を出すか、販売低下で赤字を出すかの選択を迫られているのである。目先の収益を追って、社員価格販売に浮かれていたツケが回ってきたのだ」
 トヨタの奥田会長は「米国政府がGM救済に動くだろう」との趣旨の発言をしていましたが、今日の日経新聞によるとブッシュ大統領はウォールストリート・ジャーナルとのインタビューで「政府支援を求めるべきでない」と語ったそうです。今年のうちに大きな危機、本物の破綻が来ておかしくない感じがします。

 米国の頭を悩ませる問題がもう一つ持ち上がりました。パレスチナ評議会選挙で前回は選挙ボイコットしたイスラム原理主義組織ハマスが、一挙に過半数を制して自治政府を組織する形勢になりました。予想外の大敗で、これまでの主流派ファタハの内閣は総辞職することになります。イスラエル殲滅を掲げている組織だけに、米国の反応は厳しいのだけれど、為す術を持たないでしょう。
 「ハマスと中東和平」は「ブッシュの声明は、[民主選挙は結構、然しイスラエルの破壊を旨とする政党とは付き合わない]とし、じゃどうするの?と問いたくなる。彼が金科玉条とする中東の民主主義とは何でしょう」と疑問を投げています。中東で選挙によって政権が変わるなんて、信じられないくらい健康的なことですから。「ハマス政権構造、外交姿勢の宣言これからだが、主導者筋からハマスは『生活運動』であり、後背の[アラブ、およびイスラム圏]と協同していく、との発言が見える」そうです。目が離せない状況が続きそうです。

 【1/28】「検証:GMクライシス(1)〜値引き販売が諸悪の根源」を見つけたので追加します。

 【1/29】ハマスの生の声を知るには「ハマスの指導者、候補者は何を主張したか―評議会選挙にみるパレスチナ情勢(其の2)」が参考になります。ハマスの憲章と今回の選挙綱領は違い「イスラエル潰滅を含めず」としています。
[PR]
by ydando | 2006-01-27 18:34 | 世界
<< 釈然としない東武・竹ノ塚踏切事... ライブドア『虚業の楼閣』めぐる... >>