◆新ブログに移行します◆Blog vs. Media 時評blog.dandoweb.comへどうぞ ――――――――――― ネットジャーナリズム活性化のために3/9=圧縮音楽の改善2/11=失敗国家と紙消費2/9=「ウェブ通」リンク集
by ydando
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
「切込隊長」氏の「ジャーナリズム」は「マスメディア」のことだ
 「誰だってジャーナリスト~プロだけのものではない」に対する「切込隊長」氏のトラックバックは「どうしてネット上のジャーナリズムを軽々しく語ろうとするのか」と題されているが、これは正確には「どうしてネット上のマスメディアを軽々しく語ろうとするのか」である。はっきり言って、私には「切込隊長」氏がジャーナリストたろうとしているとは思えない。氏の言っている「報道」とか「ジャーナリズム」のうち「マスメディア」と置き換えた方が適切な部分を、以下に置換して引用してみる。それが自ずと私の指摘の正確さを語っている。

《置換文》
 社会学的に見てマスメディアとは何かと議論すれば「一回かぎりの行為であってもジャーナリズムたりえる」が、では実際一度きりの情報がたとえ素晴らしいものであったとして、それがマスメディアとして機能すんのかを考えればそんなことはありえないことぐらい気づくだろう。

 また、ジャーナリズムは「装置によって稼働する『情報産業』ではない」という引用がされているが、マスメディアもある種の商品を扱っている以上、その継続性、品質維持を前提として装置化するというほうが有利に決まっている。

 同様に、報道する装置、マスメディアというものは多かれ少なかれ統治のツールであって、本質的に「個人でもジャーナリズム」という議論の延長線上に来るものではなかろう。《ここまで》


《原文も挙げておく》
 社会学的に見て報道とは何かと議論すれば「一回かぎりの行為であってもジャーナリズムたりえる」が、では実際一度きりの情報がたとえ素晴らしいものであったとして、それが報道として機能すんのかを考えればそんなことはありえないことぐらい気づくだろう。

 また、ジャーナリズムは「装置によって稼働する『情報産業』ではない」という引用がされているが、ジャーナリズムもある種の商品を扱っている以上、その継続性、品質維持を前提として装置化するというほうが有利に決まっている。

 同様に、報道する装置、報道機関というものは多かれ少なかれ統治のツールであって、本質的に「個人でもジャーナリズム」という議論の延長線上に来るものではなかろう。《ここまで》


 私も職業的ジャーナリストとして20年以上、生きているが「統治のツールであろうとしたことなど」ただの一瞬もない。氏のエントリーのトラックバックを参照すると「切込隊長」氏の、この意見に賛成する方がいらっしゃるようだが、氏の「2ちゃんねる」的ファンの底の浅さ、志の低さが滲み出ている瞬間に出会わせたと感じる。あなた達はそんなジャーナリズムを欲しているのか。そんなことをこれまで書き連ねてきたのではなかろう。「2ちゃんねる」の最良の部分はもう消えてしまった。皮肉を込めて申し上げる。

 ジャーナリズムが何かが判ってから、それをブログの世界でどう展開するのか、実社会にどう影響させるのか、議論するのは意味があると考えるが、いきなりマスメディアの機能をどう持たせるか議論するのは全くの無駄である。

 ところで「R30」氏は「ネットジャーナリズム・ウヨサヨ論」で「何で切込隊長とか湯川氏とか僕とかがこんなに口角泡をとばしてネットジャーナリズムの産業化の可能性について議論してるのか、全然わかんなくなっちゃうじゃーん」とおっしゃっている。お気遣い無く、ご自分のペースで議論をされたらと思う。
[PR]
by ydando | 2004-12-03 00:22 | ジャーナリズム
<< 「切込隊長」氏 との論点の違い... 誰だってジャーナリスト~プロだ... >>